【東京都の調剤薬局の薬剤師】残業時間ランキング

薬剤師
薬剤師
東京都の調剤薬局の中で残業時間が少ないところはどこだろう?
残業はできるだけしたくないんだよな
東京都の調剤薬局は、残業時間が多いところから少ないところまで千差万別です。
ワークライフバランス重視で転職する薬剤師さんは、残業時間にこだわりたいですよね。
転職コンサルタント
転職コンサルタント
東京都の調剤薬局の残業時間ランキングを作りました。
これを見れば、残業時間が少ない調剤薬局がわかります
転職コンサルタント
転職コンサルタント

【東京都の調剤薬局の薬剤師】残業時間ランキング

 

 

東京都の調剤薬局の残業時間の採点は、次の手順で行いました。

 

1.その調剤薬局全体での月間平均残業時間を調査する(東京都内店舗に限らない)

2.各調剤薬局の東京都内の正社員求人の中で、残業時間が月10時間以下の求人割合を調査する

3.1と2の結果を比べて、整合性があるかどうかを見る(調剤薬局全体と都内店舗の残業時間の誤差が少ないかどうか)

4.整合性があれば、1の調剤薬局全体の月間平均残業時間を用いて採点する

5.1と2に整合性がなければ、1と2をそれぞれ採点して、平均点を出す

 

調剤薬局全体の月間平均残業時間は、10時間を平均の3点とし、1時間=0.25点として加算・減算して採点しています。

各調剤薬局の東京都内の求人の中で月10時間以下の求人割合50%を平均の3点として、0%~100%を1点~5点で採点しています。

 

 

<例1>

1.調剤薬局全体の月間平均残業時間が10時間

2.都内の求人で月の残業時間が10時間以下の求人割合は55%

この場合、整合性ありと考えて、1の調剤薬局全体の月間平均残業時間を採用し、10時間=3点と採点する。

 

 

<例2>

1.調剤薬局全体の月間平均残業時間は5時間

2.都内の求人で月の残業時間が10時間以下の求人割合は0%

この場合、整合性はなく、東京都内の店舗は特別に忙しい可能性があると考える。

調剤薬局全体の月平均残業時間の採点は4.25点。

都内の月平均残業時間が10時間以下の求人割合の点数は1点。

4.25点+1点=5.25点

5.25点の平均は約2.6点となる。

 

上記のように採点して、ランキングを作りました。

 

ランキング解説

エスシーグループの残業の評価・評判5


エスシーグループ

エスシーグループが公式発表している平均残業時間は0時間です。


 


エスシーグループでは、働き方改革で残業を極力なくそうとしています。


残業が発生しないように、営業時間よりも1時間余裕を持ってシフトを組んでいます。


1日8時間労働で、残業は基本的にないという口コミが多いです。


 


しかし、働き方改革が始まる前の口コミでは、残業があるけれど、残業は一切支給されないという口コミもあります。


この時の古いデータが残っているから、残業時間が月平均10時間以下の店舗は0店舗となっているのでしょう。


 


つまり、ここ数年でエスシーグループの残業は大きく改善されたと言えるのです。



アインファーマシーズの残業の評価・評判4


アイン薬局

東京都のアインファーマシーズは、残業が月10時間以下の店舗は98%と非常に高くなっています。


アインファーマシーズが公式に発表している全店舗平均の残業時間は月6.1時間です。


アインファーマシーズでは、東京都だけでなく全国的に残業が少ないと言えます。


 


仕事を詰め込んで残業しないようにしていることもありますが、残業しなければならない時は、別の日にその分早く帰ることができるなどの工夫をして、残業時間を減らす取り組みをしています。



東京調剤センターの残業の評価・評判3.8




東京調剤センターでは、残業時間は店舗によって違います。


忙しく残業が多い店舗とそれほどでもない店舗があります


 


そのため、求人では14店舗中月平均の残業時間が10時間以下の店舗は8店舗となっています。


どの店舗は残業時間が多く、どの店舗は少ないかを事前にチェックしておく必要があるでしょう。



なの花薬局の残業の評価・評判3.6


東京都のなの花薬局

東京都のなの花薬局では、残業時間が10時間以下の店舗は22店舗中16店舗と比較的多いです。


インフルエンザ流行時などは残業が増えるものの、普段の残業は月2~3時間程度という口コミもあります。


 


店舗や時期にもよりますが、東京都のなの花薬局は残業が少なめで、ワークライフバランスが取りやすいと言えます。



ぱぱす薬局の残業の評価・評判3.5


ぱぱす薬局

東京都のぱぱす薬局の平均残業時間は、約8時間程度です。


東京都のぱぱす薬局で月の残業時間が10時間以下の店舗は、24店舗中24店舗です。


 


このことから、東京都のぱぱす薬局は薬剤師の残業は少なめであると言えます。


平均残業時間が月8時間程度なら、ワークライフバランスは取りやすいですね。


 


ただ、ドラッグストアの「ドラッグぱぱす」では残業が多めですので、間違って転職しないように注意が必要です。



ヤマグチ薬局の残業の評価・評判3


ヤマグチ薬局

東京都のヤマグチ薬局の残業時間は、月平均20時間となっています。


ただ、求人では残業が月10時間以下の店舗は19店舗中19店舗となっています。


 


この矛盾の原因は定かではありませんが、東京都のヤマグチ薬局はほかのエリアのヤマグチ薬局に比べて、残業は少ないのかもしれません。


ただ、口コミなどを見ると、それなりに残業はあると思っておいた方が良さそうです。



ファーマライズ薬局の残業の評価・評判3


ファーマライズ薬局

東京都のファーマライズ薬局で残業時間が月平均10時間以下の店舗は33店舗中32店舗と非常に多いです。


でも、ファーマライズ薬局が公式に発表している残業時間は月平均20時間となっています。


 


この差は何なのか?


ファーマライズ薬局が発表している月平均20時間という数字は、東京都だけでなく、全国のファーマライズ薬局全店舗の平均残業時間です。


 


このことから考えると、東京都のファーマライズ薬局は全国のファーマライズ薬局に比べると、残業時間が少ないのだと思います。


 


この後詳しく説明しますが、東京都のファーマライズ薬局は総合病院門前の立地が多いです。


総合病院門前の調剤薬局は、残業が少ない傾向にあります。


だから、東京都のファーマライズ薬局は残業が少なめで、ほとんどの店舗で残業時間は月平均10時間以下となっているんですね。



ファーコス薬局の残業の評価・評判3


ファーコス薬局

東京都のファーコス薬局は、残業時間が月10時間以下という店舗はほとんどありません。


そのため、ファーコス薬局は残業が多いのかと思うかもしれません。


ただ、ファーコス薬局全体の薬剤師の平均残業時間は10.1時間になります。


 


全国平均よりも、東京都のファーコス薬局は忙しいとも言えますが、平均残業時間が10.1時間ということを考えると、月10時間以下にはギリギリならない程度の残業はあると言えるでしょう。


残業代はきちんとつけてくれますので、サービス残業はありません。


 


残業時間は店舗によるし、残業がほとんどない店舗もあるとの評判ですから、転職前に残業時間をしっかり調べておくことが大切です。



田辺薬局の残業の評価・評判2.7


田辺薬局

東京都の田辺薬局では、残業が月10時間以下の店舗は38店舗中12店舗と少ないです。


これを見ると、「田辺薬局って残業が多いの!?嫌だなぁ・・・」と思うかもしれません。


 


田辺薬局全体の月平均の残業時間は、11.3時間とそこまで多くはありません。


 


もちろん、店舗によっても違いますが、田辺薬局の残業時間はそこまで多くはないと思って良いでしょう。



アイセイ薬局の残業の評価・評判2.6


アイセイ薬局

東京都のアイセイ薬局で、残業時間が月10時間以下の店舗はありません。


ただ、残業が多いかというと、そういうわけでもないんです。


アイセイ薬局全体の平均残業時間は11.6時間です。


つまり、月10時間以下にはわずかに届かない程度ということですね。


また、残業代はきっちり支払われる文化がありますので、サービス残業はありません。


 


店舗によって残業時間は異なりますので、転職前に確認は必要です。



ファーマみらいの残業の評価・評判2.5


ファーマみらい

ファーマみらい全体での残業時間は月平均9時間程度です。


ただ、東京都のファーマみらいで残業時間が月10時間以下の店舗は19店舗のみとなっています。


 


ファーマみらいの残業時間は店舗によって違います。


ファーマみらいは総合病院門前の店舗はきっちり時間通り終わるけれど、それ以外は残業が多いとの口コミがあります。


 


東京都のファーマみらいの中で総合病院門前店舗は18店舗です。


 


このデータから考えると、東京都のファーマみらいでは、総合病院門前店舗では残業が少ないけれど、それ以外の店舗では10時間以上はあると推測できます。


 


ただ、残業手当はしっかりつくので、残業してもサービス残業にはなりません。



クオール薬局の残業の評価・評判2


クオール薬局

東京都のクオール薬局では、店舗によって残業時間は異なります。


ただ、半数以上の店舗で残業時間は月10時間以下となっていますので、ワークライフバランスは比較的取りやすいと言えます。


また、残業手当は残業した分はきちんと残業代をつけてくれて、サービス残業はないとの評判です。



薬樹薬局の残業の評価・評判1


薬樹薬局

東京都の薬樹薬局では、残業が月10時間以下の店舗はありません。


薬樹薬局全体での平均残業時間は約21時間ですので、東京都で薬樹薬局に転職した場合、残業はある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。


 


ただ、残業手当は1分単位でつきますので、サービス残業はありません




さくら薬局(クラフト)の残業の評価・評判1


さくら薬局(クラフト(株))

東京都のさくら薬局は、残業は多いと考えておいたほうが良いです。


残業が10時間以下の店舗はありませんし、目安となる平均残業時間も23時間と多いです。


 


「1日の残業時間は2時間」、「残業時間が月50時間を超えることもある」などの口コミがあります。


ただ、残業手当は1分単位でしっかりつけてくれますので、サービス残業はありません



そうごう薬局の残業の評価・評判1


そうごう薬局

そうごう薬局の月平均残業時間は、18.1時間です。


そのため、ある程度の残業は覚悟しておかないといけないでしょう。


ただ、店舗によって残業時間はかなり違いますので、あらかじめ転職する店舗の平均残業時間は調べておいた方が良いです。



日本調剤の残業の評価・評判1


日本調剤

東京都の日本調剤の残業時間は、月平均10時間程度の残業の店舗もあれば、40時間程度の店舗もあります。


特に、面対応の店舗だと残業は多くなる傾向があります。


残業時間が月40時間に近づくとアラートが出たり、退勤処理をするとパソコンにログインできないなど、企業として残業対策に取り組み、時代の流れに合わせて「働き方改革」を進めています。


しかし、仕事の量が減っているわけではないので、残業せざるを得ないことは多く、さらに効率よく働くことがしきりに求められます。



東京都で残業時間が少ない調剤薬局に転職するなら薬剤師転職サイト!

東京都で残業時間ができるだけ少ない調剤薬局に転職するなら、薬剤師転職サイトを使いましょう。

ここでご紹介したランキングは、あくまでその調剤薬局の残業時間の目安です。

大まかな残業時間やその調剤薬局の残業に対する姿勢を知ることができます。

 

でも、調剤薬局の具体的な残業時間は店舗によって違うというのが実情です。

立地などによって、同じ調剤薬局でも店舗によって残業時間は変わってくるのです。

 

だから、残業時間が少ない調剤薬局に転職するなら、薬剤師転職サイトを使うんです。

薬剤師転職サイトを使えば、転職コンサルタントが店舗ごとの平均残業時間を調べてくれます。

 

また、残業時間だけでなく、年収や年間休日数、有給消化率なども詳しく調べてくれますので、待遇に納得した上で転職することができて、転職後に後悔するリスクが少なくなるんです。

 

薬剤師転職サイトは、すべてのサービスを完全無料で利用できますので、気軽に登録して下さいね。