【東京都の調剤薬局の薬剤師】年間休日数ランキング

薬剤師
薬剤師
東京都の調剤薬局で、年間休日数が多いのはどこだろう?
薬剤師
薬剤師
調剤薬局に転職する時には、年間休日数は重要だよなぁ。休みはたくさん欲しいし
調剤薬局で働く薬剤師さんの中には、ワークライフバランスを重視したい人が多いと思います。
だから、転職する前に年間休日数をチェックすることは大切なんです
転職コンサルタント
転職コンサルタント
東京都で調剤薬局に転職する薬剤師さんのために、調剤薬局の年間休日数ランキングを作りました。
これであなたも、プライベートを大切にしながら調剤薬局で働くことができますよ!
転職コンサルタント
転職コンサルタント

【東京都の調剤薬局の薬剤師】年間休日数ランキング

 

東京都の調剤薬局の薬剤師の年間休日数を5点満点で採点しました。

採点する方法は次の通りです。

 

<東京都の調剤薬局の年間休日ランキングの採点方法>

1.完全週休2日+祝日分=120日を基準の3点とする

2.基準の120日との差日を1日=0.25点として、加算・減算する

 

年間休日116日の調剤薬局は、

・-4日×0.25点+3点=2点

となりますので、採点は2点です。

 

年間休日126日の調剤薬局は、

・6日×0.25点+3点=4.5点

ですから、採点は4.5点です。

 

このようにして、東京都の調剤薬局の年間休日数を採点して、年間休日ランキングを作りました。

 

ランキング解説

ヤマグチ薬局の休日数の評価・評判5


ヤマグチ薬局

東京のヤマグチ薬局は、年間休日が128日と非常に多いです。


週休2日+祝日+夏季休暇3日+年末年始休暇5日ですので、ワークライフバランスを取りやすいです。


また、有給消化は店舗事情によるものの、有給は100%消化できるという口コミもあります。


平均の有給消化日数は年間11日ですから、50%以上は消化できるようです。


年間休日128日+有給ですから、休みはかなり多いですね。



なの花薬局の休日数の評価・評判5


東京都のなの花薬局

なの花薬局の年間休日数は128日と、非常に多いです。


有給消化日数は2019年度は8.3日ですので、多いとは言えないものの、必要時は有給は消化できると言えます。


店舗にもよりますが、有給は消化しやすいという評判もあります。


 


なの花薬局はプライベートを大切にしながら働けますね。



さくら薬局(クラフト)の休日数の評価・評判4.5


さくら薬局(クラフト(株))

東京のさくら薬局は、年間休日は年間休日が126日としっかり確保されています。


夏季休暇、年末年始休暇は共に5日ずつあり、長期連休を取りやすいとの評判です。


 


有給休暇は義務化された5日は消化できるものの、それ以外は消化するのが難しい店舗が多いです。



クオール薬局の休日数の評価・評判4.5


クオール薬局

クオール薬局は年間休日はその年の祝日の曜日によって多少前後しますが、しっかり確保されています。


また、店舗によるものの、有給消化率も比較的高く、希望休も通りやすいです。



田辺薬局の休日数の評価・評判4.3


田辺薬局

田辺薬局では、年間休日は125日と多いです。


有給消化日数は、年間9日となっていますので、比較的有給も使いやすいです。


ただ、希望休の取りやすさは店舗によって変わるとの評判ですので、転職前にはしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。



日本調剤の休日数の評価・評判4.3


日本調剤

東京の日本調剤では、週休2日制+祝日+年末年始休暇で年間休日は120日以上(2019年度は125日)となります。


そのため、よほどの人手不足で休日出勤をしなければいけないという店舗に配属にならなければ、年間休日は120日以上を確保することができます



ファーコス薬局の休日数の評価・評判4


ファーコス薬局

ファーコス薬局は年間休日は124日となっています。


これは、その年の祝日数と曜日によって多少前後しますが、しっかりと休日は確保できています。


ただ、木曜半日休み+土曜半日休み=1日休みとしている店舗も多いので、人によっては休んだ気にならないかもしれません。


店舗にもよりますが、有給休暇を取りやすい店舗が多いとの評判です。



アイセイ薬局の休日数の評価・評判3.8


アイセイ薬局

アイセイ薬局の年間休日数は123日です。


土日休みは難しくても、週休2日は確保されていますし、祝日分もお休みになりますので、ワークライフバランスは取りやすいでしょう。


 


有給消化は店舗と人員次第ではありますが、アイセイ薬局全体の有給消化日数は年間12.8日ですので、ある程度は消化できると推測できます。



そうごう薬局の休日数の評価・評判3.8


そうごう薬局

そうごう薬局の年間休日は123日としっかりと確保できています。


また、年に1回は有給休暇を使って必ず5連休をとることができる制度があります。


そのため、実質の年間休日数は最低でも128日はあり、ワークライフバランスが取りやすいとの評判です。


5連休以外の有給も比較的取りやすい店舗が多いです。



薬樹薬局の休日数の評価・評判3.5


薬樹薬局

薬樹薬局の年間休日は122日と週休2日+祝日分+αと多めに確保されています。


有給消化率も高めで、70%以上は消化できているようです。


東京の薬樹薬局の中には、有給消化率100%を達成している店舗もあります。


 


これだけ休日が多ければ、ワークライフバランスを取りながら働けそうですね。



ファーマライズ薬局の休日数の評価・評判3.5


ファーマライズ薬局

東京のファーマライズ薬局では、年間休日は122日と多くなっています。


そのため、ワークライフバランスは比較的取りやすいでしょう。


 


有給消化率は、店舗によって変わります


有給はほとんど取れないという店舗もある一方で、有給消化率は80%以上という店舗もあります。


平均すると、有給消化率は50%程度ですが、転職する前には希望店舗の有給消化率を確認しておいた方が安心です。



アインファーマシーズの休日数の評価・評判3.3


アイン薬局

アインファーマシーズでは、年間休日が126日とたっぷりあります。


さらに、有給消化日数は年平均7.1日ですから、実質の休日数は130日以上となります。


最長9日間の連続休暇をとることもできます。


 


ただ、東京のアインファーマシーズには人手不足の店舗があり、人手不足だと有給はもちろん、公休も消化できないこともあります。


また、2連休(土日・日月等)も取れないという口コミもあります。



ファーマみらいの休日数の評価・評判3


ファーマみらい

ファーマみらいでは、年間休日数が120日です。


それ以外に夏期休暇と年末年始休暇がありますので、しっかり休むことができます。


 


有給休暇については、取りやすい店舗と取りにくい店舗に分かれるので、すべては店舗次第になりますが、平均すると50%くらいは消化できるようです。



東京調剤センターの休日数の評価・評判3




東京調剤センターでは年間休日が120日としっかりと確保されています。


このほか、年末年始休暇や夏季休暇がつきますので、土日休みにこだわらない人にとっては、ワークライフバランスを確保することができるでしょう。



エスシーグループの休日数の評価・評判3


エスシーグループ

エスシーグループの年間休日は120日と決まっています。


逆に言うと、120日より多くはなりません。


例えば、祝日の日数・曜日の関係で、年間休日が120日以上になる年があった場合、120日を超えた分は、勝手に有給が使われてしまうことになります。


 


だから、有給を使ったつもりがなくても、いつの間にか有給が減ってしまうこともあるのです。


 


ただ、祝日が土曜日に重なり、土日祝日の日数が120日未満になる年でも、年間休日120日は確保できるというメリットもあります。


 


有給消化日数は平均10.5日ですので、年間休日+有給で、年間130日前後は休める計算になります。



ぱぱす薬局の休日数の評価・評判1


ぱぱす薬局

ぱぱす薬局の年間休日数は111日と少なめです。


また、有給消化率もあまり高くないとの口コミがあります。


 


そのため、店舗・上司によっても異なりますが、東京のぱぱす薬局は、週休2日は確保できるものの、長期休暇を取ったりするのは難しいと思っておいたほうが良いです。



東京都で調剤薬局に年間休日数を重視して薬剤師が転職するなら、薬剤師転職サイトを使おう!

東京の人気調剤薬局16選で年間休日数ランキングを作りましたが、あなたはこのランキングを見て、転職する調剤薬局を決めましたか?

 

薬剤師
薬剤師
そりゃ、1位の調剤薬局で決まりでしょ!休みは多い方が良いし!

と思っているあなたは1回深呼吸しましょう。

1位の調剤薬局は、確かに年間休日数は多いです。

でも、転職する時には年収やそのほかの働きやすさもチェックしておかないと、転職後に

薬剤師
薬剤師
休みが多いのはいいけど・・・。年収が低いなぁ。残業も多めだし

と後悔することになりかねません。

 

転職後に後悔しないためには、薬剤師転職サイトを使いましょう!

転職サイトでは私たち転職コンサルタントが、年収や残業など細かいことまでしっかり調べます!
転職コンサルタント
転職コンサルタント

だから、転職サイトを使えば、年収も年間休日も、その他の働きやすさの項目もすべて納得した上で転職することができるんです。

 

東京で調剤薬局への転職を成功させるなら、今すぐ薬剤師転職サイトに登録して、転職コンサルタントに相談してみましょう。