東京都の調剤薬局人気ランキング【薬剤師編】

薬剤師
薬剤師
東京都の調剤薬局の中でどこが年収が高くて働きやすいんだろう?
せっかく転職するなら、年収が高くて働きやすいところがいい!この転職を失敗したくない!
薬剤師
薬剤師
でも、東京都の調剤薬局は結局のところ、年収とか年間休日数とか残業時間とかはみんな同じかもなぁ
東京都の調剤薬局の年収や待遇面などの働きやすさは、みんな同じと思っている薬剤師のあなた!
それは大きな間違いです。
東京都の調剤薬局は、それぞれ年収や働きやすさは異なります。
だから、東京都の調剤薬局に転職するなら、年収や待遇などの働きやすさにこだわって転職先を探さないと大きな損をすることになりかねません!
転職コンサルタント
転職コンサルタント
東京都の調剤薬局に転職した薬剤師の年収や働きやすさを点数化して、ランキング形式でまとめました
転職コンサルタント
転職コンサルタント

 

東京都の調剤薬局人気ランキング【薬剤師編】

 

年収は平均と比べて高いか低いか

調剤薬局に転職するなら、転職後にどのくらいの年収を稼げるのかは重要なポイントですよね。

厚生労働省の「第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」によると、調剤薬局勤務の薬剤師の平均年収は473万8925円です。

この金額から、平均を474万円とします。

30歳前後で調剤薬局に転職した場合、年収474万円よりも高いか低いかで評価して5点満点で点数をつけました。

年収474万円を3点として、差額1万円で0.05点を加算・減算します。

<例>

年収500万円なら、平均よりもプラス26万円なので、0.05点×26万=1.3点。

  1. 3点+1.3点=4.3点。

年収500万円の調剤薬局の評価は4.3点。

 

このように調剤薬局の年収を点数化することで、平均よりもどのくらい高いか・低いかが一目でわかります。

 

 

年間休日数は何日あるか

調剤薬局で働くなら、年間休日数は大切です。

休みが多ければ、ワークライフバランスを取りやすく、プライベートを充実させることができます

逆に年間休日が少なければ、仕事仕事の毎日になってしまいます。

 

今回は、年間休日数120日(完全週休2日+祝日)を平均の3点とし、120日との差日を1日=0.25点として、5点満点で評価しました。

<例>

年間休日126日=3点+6日×0.25点=4.5点

 

 

土日休みは相談できるかどうか

近年、調剤薬局は土曜日に開局しているところが増えています。

日曜日に開局しているところも増えていますね。

そのため、土日休み(カレンダー通りの休み)を貰える調剤薬局は減っています

しかし、ゼロではありません。

店舗状況によっては、土日休み相談OKというところもあります。

 

土日休みOKだったら、ワークライフバランスを取りやすく、特に既婚者・家族がいる薬剤師にとってはありがたいですよね。

 

東京都内の店舗数の中で、土日休み相談OKの店舗数の割合はどのくらいかを算出し5点満点で評価しました。

 

 

残業時間はどのくらいか

薬剤師
薬剤師
定時で帰りたい!無駄な残業はしたくない!

これは、薬剤師なら誰でも思うことです。

毎日毎日、残業ばかりしていたら、体も心も擦り切れてしまいます。

 

だから、調剤薬局に転職するなら、あらかじめ平均残業時間を調べておく必要があります。

 

ここでは月平均の残業時間10時間を5点満点中3点として、ここから1時間=0.25点として、加算・減算していきます。

 

<例>

月平均残業時間14時間=3点-0.25点×4=2点

 

 

総合門前の店舗の割合はどうか

調剤薬局の薬剤師として働くなら、総合病院門前店舗で総合科目を扱い、さらに幅広い薬剤・重症症例も扱って、スキルアップしたいと思う人も多いと思います。

東京都内の店舗数の中で、総合病院門前店舗の割合を算出して、5点満点で評価しました。

 

 

駅チカ店舗の割合はどうか

東京都内の店舗の中で駅チカ店舗の割合を5点満点で評価しました。

駅から近い店舗なら、通勤のストレスが少ないのはもちろんですが、駅前・商店街の面対応店舗として、総合科目を扱えるというメリットもあります。

 

 

調剤未経験者の応募は可能かどうか

調剤未経験だけど、調剤薬局で働きたいという薬剤師は、調剤未経験者でも応募可能な調剤薬局を選ばなければいけません。

調剤未経験者に対して、一から指導してくれる体制が整っている調剤薬局を選ばないと、転職後に辛い思いをするのはあなたです。

 

東京都内の店舗数の中で調剤未経験者の応募が可能な店舗の割合を5点満点で評価しました。

 

 

引越しを伴う転勤はあるか

東京都で調剤薬局に転職したい薬剤師の中には、

薬剤師
薬剤師
絶対に東京都から引っ越したくない。東京都を離れるなんて考えられない!

という人もいると思います。

既婚者・子供がいる薬剤師はもちろんですが、独身の薬剤師さんの中にも転勤したくない人は多いと思います。

 

だから、東京都で調剤薬局に転職するなら、引っ越しを伴う転勤はあるかをチェックしておかなくてはいけません。

 

東京都内の店舗の中で引っ越しを伴う転勤がある店舗の割合を5点満点で評価しました。

 

 

住宅補助(手当)はあるか

調剤薬局の中には、住宅補助(手当)があるところとないところがあります。

東京都内の店舗の中で住宅補助(手当)がある店舗の割合を5点満点で評価しています。

 

ただ、住宅補助(手当)があっても、東京都に会社の命で転勤してきた場合のみ住宅補助がある場合、東京都勤務では住宅補助が使えない場合もあります

 

 

在宅訪問やかかりつけ薬剤師などの調剤業務の詳細はどうか

東京都で調剤薬局に薬剤師が転職するなら、チェックすべきことがあります!

それは、転職後の調剤業務の詳細です。

 

調剤薬局での薬剤師の仕事は、調剤薬局に来た患者さんから処方箋を受け取り、その処方箋に従って調剤をして、薬を手渡すだけではありません。

 

在宅訪問やかかりつけ薬剤師などいろいろな業務があります。

そして、その業務の詳細・傾向・ノルマなどは、調剤薬局の方針によって大きく異なります。

 

調剤業務の詳細を確認しておかないと、

  • 在宅訪問業務がしたくて調剤薬局に転職したのに、その調剤薬局は在宅訪問をしていなかった
  • かかりつけ薬剤師はやりたくないのに、強制的にかかりつけ薬剤師をやらなければいけなくなった

ということになりかねません。

転職後に後悔しないために、東京都の調剤薬局の調剤業務でチェックしておくべき5つのポイントを厚生労働省のデータを基に解説します。

5つのポイントはすべて、厚生労働省の届出店舗数の中で、それぞれの診療報酬を算定している店舗割合を5点満点で評価しています。

 

 

調剤基本料1

まずは、調剤基本料1を算定しているかどうかです。

調剤基本料は調剤薬局の診療報酬の基本中の基本ですね。

 

調剤基本料は次の5のカテゴリーに分類されています。

 

  • 調剤基本料1:42点
  • 調剤基本料2:26点
  • 調剤基本料3(イ):21点
  • 調剤基本料3(ロ):16点
  • 特別調剤基本料:11点

 

大手調剤薬局は、何の工夫もしなければ、調剤基本料3(イ)または調剤基本料3(ロ)になります。

調剤基本料1の点数とは、大きく差が出ますよね。

 

大手調剤薬局が調剤基本料1を算定するためには、特定の医療機関(門前医療機関)の処方箋集中率を下げる必要があります

 

処方箋集中率を低くするためには、立地のほかにかかりつけ薬剤師制度が関係してきます。

門前薬局なのに、調剤基本料1を算定しているということは、かかりつけ薬剤師制度に積極的で、さらにノルマが厳しいと推測できるのです。

 

 

かかりつけ薬剤師指導料

かかりつけ薬剤師指導料は、かかりつけ薬剤師として患者さんに必要な指導を行った時に算定することができる診療報酬です。

このかかりつけ薬剤師指導料を算定している店舗は、かかりつけ薬剤師がいて、実際に活動しているということです。

 

これは調剤基本料1とも連動していることですが、一般的にはかかりつけ薬剤師指導料を算定している店舗が多ければ、それだけ調剤基本料1を算定する店舗も比例して多くなります

 

また、かかりつけ薬剤師制度に積極的であり、厚生労働省の方針に沿った運営をしていて、患者さんに寄り添った仕事ができるとも言えるでしょう。

しかし、その調剤薬局に転職すれば、かかりつけ薬剤師になることを強いられる可能性が高いことも推測できます。

 

 

在宅患者訪問薬剤管理指導料

在宅患者訪問薬剤管理指導料は、自宅療養をしている患者の自宅を訪問し、薬学的管理指導を行った時に算定できる診療報酬です。

つまり、在宅患者訪問管理指導料を算定している店舗は、在宅訪問業務を行っているということです。

 

患者さんの高齢化が進む中で薬剤師の在宅訪問の需要は高まっています。

 

 

地域支援体制加算

地域支援体制加算を算定しているかどうかは、その(調剤薬局が地域医療に貢献しているかどうかを示しています。

 

  • かかりつけ薬剤師が適切に薬学的管理をしている
  • 24時間調剤体制などあらゆる処方箋に対していつでも調剤サービスを提供できる
  • 安全性の向上のための情報を共有して、多職種が連携する体制を構築し、地域・社会に貢献している

 

これらのことをしている調剤薬局が、地域支援体制加算を算定することができます。

地域支援体制加算を算定していれば、それだけ地域に密着した調剤薬局・地域に貢献している調剤薬局と言えます。

 

しかし、24時間調剤体制や土日の一定時間の開局などの条件を満たす必要がありますので、地域に貢献するというやりがいを感じることはできるものの、その薬局で働く薬剤師の負担は大きくなります。

 

 

後発医薬品調剤体制加算3

後発医薬品調剤体制加算は、ジェネリック医薬品をどれだけ使っているか(置換しているか)を示す診療報酬です。

 

  • 後発医薬品調剤体制加算1:ジェネリック置換率75%以上 15点
  • 後発医薬品調剤体制加算2:ジェネリック置換率80%以上 22点
  • 後発医薬品調剤体制加算3:ジェネリック置換率85%以上 28点

 

厚生労働省がジェネリック医薬品の使用を強く推進しているのは、皆さんもご存知の通りです。

後発医薬品調剤体制加算3を算出できていれば、厚生労働省の方針に沿った運営をしているという証拠です。

しかし、ジェネリック医薬品を極度に嫌う患者さんも少なくありません。

後発医薬品調剤体制加算3を算定している調剤薬局では、薬剤師がそのような患者さんにジェネリックを勧めなければいけないし、そのノルマもあると言えるのです。

 

 

 

順位調剤薬局総合評価年収年間休日数土日休み残業時間総合門前駅チカ未経験者引越し住宅補助調剤業務
ファーマライズ4.553.54.9354.65553.5
ぱぱす薬局4.14.3153.5545552.7
ヤマグチ薬局3.54.351.2314.45551.5
田辺薬局3.41.44.312.71.94.15553.7
ファーコス薬局3.42.244.831.23.6551.23.5
アインファーマシーズ3.43.33.31.2413.954.64.63.5
アイセイ薬局3.34.33.81.12.61.24.24.93.53.74
東京調剤センター3.33.1313.81.955513.9
日本調剤3.34.34.31.712.34.54.84.81.74
そうごう薬局3.21.83.84.21155153.7
エスシーグループ3.11.731514.55513.8
クオール薬局3.11.84.51214.553.24.63.7
ファーマみらい32.3312.52.444.24.72.33.3
なの花薬局33.351.43.61.24.61.94.513.5
さくら薬局(クラフト)34.34.51114.35153.3
薬樹薬局2.713.51.511.44.44.71.24.83.8

 

 

 

順位調剤薬局総合評価調基1か薬在薬地支体後発調3
アイセイ薬局44.24.853.92
日本調剤44.24.34.93.33.5
東京調剤センター3.954.453.91
薬樹薬局3.84.24.353.42.3
エスシーグループ3.84.44.74.83.91.3
田辺薬局3.74.64.14.83.21.7
クオール薬局3.74.34.44.93.12
そうごう薬局3.73.93.752.73
ファーマライズ3.53.83.652.82.5
なの花薬局3.53.24.652.71.9
ファーコス薬局3.53.94.14.93.11.6
アインファーマシーズ3.53.444.92.72.7
ファーマみらい3.33.53.5522.3
さくら薬局(クラフト)3.33.73.752.31.8
ぱぱす薬局2.74.31.351.21.8
ヤマグチ薬局1.52.911.611.2

 

 

ランキング解説

ファーマライズ薬局の総合評価・評判4.5


ファーマライズ薬局

薬剤師のモデル年収

400万円~520万円程度(30歳モデル)で、年収中央値520万円

薬剤師のメリット

  • 平均以上の年収を稼ぐことができる
  • 残業は少なめ
  • 女性でもキャリアアップしやすい!
  • 全店舗で在宅訪問をしている


薬剤師のデメリット

  • 有給消化率は店舗によってかなり変わる
  • 厚生労働省の方針に合った店舗運営が今のところできていない


おすすめする薬剤師

  • 大手調剤薬局でしっかり稼ぎたい!
  • 総合病院門前でスキルアップ・キャリアアップしたい!
  • できるだけ残業はしたくない!
  • 総合門前店舗でかかりつけ薬剤師をやりたい
  • 在宅訪問をやりたい
  • 有給消化にそこまでこだわりはない



ぱぱす薬局の総合評価・評判4.1


ぱぱす薬局

薬剤師のモデル年収

450~550万円(24~37歳モデル)で、年収中央値は500万円

薬剤師のメリット

  • 年収が平均よりも高い
  • 残業は少なめ
  • かかりつけ薬剤師のノルマがない
  • 全店舗で在宅訪問を行っている


薬剤師のデメリット

  • 年間休日は少なめ
  • 有給消化率が低く、長期連休は難しい
  • かかりつけ薬剤師に積極的ではない
  • 厚生労働省の方針とは違う店舗運営をしている


おすすめする薬剤師

  • 休日は少なくても、年収が高くて残業が少なければ良い!
  • 総合病院門前にも面対応にも興味がある
  • かかりつけ薬剤師をやりたくない
  • ノルマに追われずに働きたい



ヤマグチ薬局の総合評価・評判3.5


ヤマグチ薬局

薬剤師のモデル年収

450万円~550万円程度(25歳~40歳モデル)で、年収中央値は500万円

薬剤師のメリット

  • 年収が高め
  • 休みが多く、有給消化率が高め
  • かかりつけ薬剤師をやらなくて良い
  • ノルマのプレッシャーから解放される


薬剤師のデメリット

  • 残業はある程度覚悟する必要がある
  • 総合病院門前店舗はない
  • 在宅訪問をやっている店舗が少ない
  • 厚生労働省の方針とは違う方向なので不安はある


おすすめする薬剤師

  • 面対応型の店舗で働きたい!
  • 残業はあっても、年収が高くて休みが多ければOK!
  • かかりつけ薬剤師は絶対にやりたくない!
  • ノルマに追われず、のびのび働きたい!



田辺薬局の総合評価・評判3.4


田辺薬局

薬剤師のモデル年収

364万円~520万円程度(24歳~35歳モデル)で、年収中央値は442万円

薬剤師のメリット

  • 年間休日数が多く、有給も比較的消化しやすい
  • 総合病院門前から地域密着までいろいろな店舗を選べる
  • 基本的に引っ越しを伴う転勤はない
  • かかりつけ薬剤師に積極的
  • 在宅訪問をほぼ全部の店舗で行っている
  • 厚労省の方針に合った店舗運営をしている


薬剤師のデメリット

  • 年収が低めである
  • 土日休みは難しい
  • ノルマが厳しい


おすすめする薬剤師

  • 東京から引っ越ししたくない
  • 総合病院門前にも地域密着店舗にも興味があるから、異動で両方経験したい
  • かかりつけ薬剤師を頑張りたい!
  • 頑張った分はしっかり評価してもらいたい



ファーコス薬局の総合評価・評判3.4


ファーコス薬局

薬剤師のモデル年収

380万円~534万円で、年収中央値は457万円

薬剤師のメリット

  • 土日休み相談OKの店舗が多く、休日数も多い
  • 女性が働きやすい職場環境が整っている
  • ほとんどの店舗で在宅訪問をやっている
  • かかりつけ薬剤師制度に積極的


薬剤師のデメリット

  • 年収は平均よりも低め
  • 駅から離れた店舗もある
  • かかりつけ薬剤師のノルマがある
  • 土日勤務や24時間体制などの負担が増えることも


おすすめする薬剤師

  • ワークバランス重視で、出産後も長く働いていきたい!
  • 調剤未経験だけど、調剤薬局で働きたい
  • 在宅訪問業務など地域に根差した仕事をしたい
  • かかりつけ薬剤師の業務を頑張りたい



アインファーマシーズの総合評価・評判3.4


アイン薬局

薬剤師のモデル年収

360~600万円で、年収中央値は480万円

薬剤師のメリット

  • 休みが多い
  • 残業が少ない
  • 教育制度が充実している
  • かかりつけ薬剤師が多い
  • 在宅訪問はほぼ全店舗行っている


薬剤師のデメリット

  • 年収は平均程度
  • 土日休みは難しい
  • 総合病院門前の求人が少ない
  • 調剤基本料1を算定している調剤薬局が少ない
  • かかりつけ薬剤師のノルマは厳しい


おすすめする薬剤師

  • 調剤薬局の薬剤師としてスキルアップしていきたい
  • プライベートを大切にして働きたい
  • 在宅業務に興味がある
  • かかりつけ薬剤師を積極的にやりたい!



アイセイ薬局の総合評価・評判3.3


アイセイ薬局

薬剤師のモデル年収

380万円~500万円程度(24歳~30歳モデル)で、30歳の薬剤師がアイセイ薬局に転職すると、年収500万円程度

薬剤師のメリット

  • 年収が平均よりも高め
  • 薬剤師のキャリアパスが幅広い
  • 女性でも働きやすい
  • かかりつけ薬剤師に積極的
  • 在宅訪問を全店舗でやっていて、地域密着型の店舗が多い


薬剤師のデメリット

  • 残業はそこそこある
  • 東京で働くと住宅手当は貰えない
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しい
  • 現場の薬剤師の負担が大きい


おすすめする薬剤師

  • 年収もワークライフバランスも重視したい
  • 結婚・出産後も長く働いていきたい女性薬剤師
  • 地域密着型の店舗でやりがいを感じながら働きたい
  • ノルマの達成にやりがいを感じる



東京調剤センターの総合評価・評判3.3




薬剤師のモデル年収

430万円~520万円(24~40歳モデル)で、30歳で年収475万円がおおよその目安

薬剤師のメリット

  • 引っ越しを伴う転勤がない
  • 駅チカで立地が良い
  • 在宅訪問、施設訪問ができる
  • かかりつけ薬剤師制度に積極的


薬剤師のデメリット

  • 土日休みは難しい
  • 店舗によって残業が多い
  • かかりつけ薬剤師や後発医薬品のノルマが厳しいこともある
  • 地域支援体制加算のために土日出勤や夜間休日対応が多くなる


おすすめする薬剤師

  • 東京から引っ越ししたくない!
  • 土日にこだわらないが休みはしっかり欲しい
  • 在宅訪問業務をやりたい
  • 地域に貢献する薬剤師になりたい



日本調剤の総合評価・評判3.3


日本調剤

薬剤師のモデル年収

400万円~500万円(24歳~30歳)で、年収中央値は500万円

薬剤師のメリット

  • 調剤薬局の中では高年収を見込める
  • 年間休日が多い
  • 駅チカ店舗が多い
  • 調剤未経験者でも安心の教育体制が整っている
  • 引っ越しが必要な転勤はほぼない
  • かかりつけ薬剤師に積極的
  • 門前薬局でもかかりつけ薬局の機能を持っている
  • 厚生労働省の方針に合った経営方針で利益を確保できている


薬剤師のデメリット

  • 残業が多い
  • 土日どちらも休むのは難しい
  • 東京都では住宅手当がつかないことが多い
  • 東京都は地域手当が安い分は不利
  • ノルマがきつい


おすすめする薬剤師

  • 調剤薬局でしっかり稼ぎたい
  • 未経験だけど調剤薬局で働きたい
  • かかりつけ薬剤師の仕事をどんどんやりたい
  • 門前薬局の業務にもかかりつけ薬剤師の業務にも興味がある



そうごう薬局の総合評価・評判3.2


そうごう薬局

薬剤師のモデル年収

360万円~450万円程度(24歳~30歳モデル)で、30歳の薬剤師がそうごう薬局に転職すると、年収450万円

薬剤師のメリット

  • 休みが多く、ワークライフバランスが取りやすい
  • 駅チカで便利な立地が多い
  • 在宅訪問業務ができる
  • 地域住民の健康に寄与できる


薬剤師のデメリット

  • 店舗にもよるが、残業は多め
  • 年収は平均よりもやや低め
  • 土日や夜間などの負担が増える
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しくなることも


おすすめする薬剤師

  • 最低でも年に1回は長期連休を取りたい
  • 駅前の面対応店舗で働きたい
  • 在宅訪問業務に携わることができる
  • 地域に寄り添った仕事をしたい



エスシーグループの総合評価・評判3.1


エスシーグループ

薬剤師のモデル年収

404万円~492万円(24歳~39.5歳)で、年収中央値は448万円

薬剤師のメリット

  • 残業が非常に少ない
  • 有給を消化できて、休みをしっかり確保できる
  • 引っ越しを伴う転勤はない
  • かかりつけ薬剤師に積極的
  • 地域支援体制加算をしている店舗が多い


薬剤師のデメリット

  • 年収は平均以下
  • 土日休みは難しい
  • かかりつけ薬剤師を拒否できない
  • 土日や夜間の負担がある


おすすめする薬剤師

  • ワークライフバランスを重視して働きたい
  • 地域密着の面対応の店舗で働きたい
  • 地域密着店舗で地域住民の健康を支えたい
  • かかりつけ薬剤師の業務に興味がある



クオール薬局の総合評価・評判3.1


クオール薬局

薬剤師のモデル年収

400万円~500万円で、年収中央値は450万円

薬剤師のメリット

  • 休日数が多く、有給も比較的取りやすい
  • 調剤未経験でも、教育体制が整っているので安心
  • 駅前の好立地の店舗が多い
  • かかりつけ薬剤師に積極的
  • 地域住民の健康を守り、やりがいを感じられる


薬剤師のデメリット

  • 年収は平均よりもやや低め
  • カレンダー通りの休みは難しい
  • かかりつけ薬剤師にならないという選択肢はない
  • ジェネリック医薬品のノルマが厳しいことも


おすすめする薬剤師

  • 通勤に便利な駅前の面対応店舗で働きたい
  • 調剤未経験だけど、調剤薬局で働きたい
  • かかりつけ薬剤師をやりたい!
  • 健康サポート薬局のような調剤薬局でやりがいを感じたい



ファーマみらいの総合評価・評判3


ファーマみらい

薬剤師のモデル年収

414万円~507万円(24~37歳)で、年収中央値は460万5000円

薬剤師のメリット

  • 総合病院門前や繁華街の面対応などいろいろなタイプの店舗がある
  • 幅広いキャリアパスがある
  • 全店舗で在宅訪問をしている
  • 門前店舗が多い中でかかりつけ薬剤師制度に積極的


薬剤師のデメリット

  • 転職時の年収が平均以下
  • 店舗によっては残業が多い
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しい


おすすめする薬剤師

  • 調剤薬剤師以外の薬剤師の仕事にも興味がある!
  • 総合病院門前店舗で働きたい!
  • ノルマが厳しくてもかかりつけ薬剤師を頑張りたい
  • 総合病院門前店舗でかかりつけ薬剤師をやりたい



なの花薬局の総合評価・評判3


東京都のなの花薬局

薬剤師のモデル年収

400万円~480万円(25歳~30歳)で、30歳で転職した場合は、年収480万円が目安

薬剤師のメリット

  • 年間休日が多いのに、年収は平均~やや高め
  • 残業が少ない店舗が多く、ワークライフバランスを取りやすい
  • 全店舗で在宅訪問をやっているので、確実に在宅訪問に携われる
  • かかりつけ薬剤師制度に積極的である


薬剤師のデメリット

  • 調剤未経験者が応募できる店舗は少ない
  • 転勤OKでないと、手厚い待遇ではない
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しくなる
  • ジェネリックの使用を患者さんにどんどん勧めなければいけない


おすすめする薬剤師

  • 最初は東京勤務でも、全国転勤は覚悟している
  • 調剤薬局の勤務経験がある
  • 総合門前よりも地域密着型店舗で働きたい!
  •   
  • 調剤薬局に転職したら、絶対に在宅訪問業務をしたい
  • 多少ノルマは厳しくてもかかりつけ薬剤師の仕事を頑張りたい



さくら薬局(クラフト)の総合評価・評判3


さくら薬局(クラフト)

薬剤師のモデル年収

500万円(30歳モデル)

薬剤師のメリット

  • 平均以上の年収を狙うことができる
  • 年間休日はしっかり確保できる
  • 全店舗で在宅訪問を行っている
  • かかりつけ薬剤師になると祝い金が出る


薬剤師のデメリット

  • 残業が多い
  • 有給を使うのが難しい店舗もある
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しい
  • 地域支援体制加算を取っている店舗が少ない


おすすめする薬剤師

  • 忙しくても良いから、しっかり稼ぎたい!
  • 普段は忙しくても、休みや連休は確保したい!
  • 今から研修認定薬剤師の資格を取ってかかりつけ薬剤師になりたい
  • 在宅訪問業務を行いたい



薬樹薬局の総合評価・評判2.7


薬樹薬局

薬剤師のモデル年収

360万円~470万円(24歳~37歳モデル)で、年収中央値は415万円

薬剤師のメリット

  • 年間休日が多めで、有給消化率も高め
  • 女性が働きやすい職場環境が整えられている
  • かかりつけ薬剤師制度に積極的である
  • 全店舗で在宅訪問をしている
  • 地域に密着した店舗運営をしている


薬剤師のデメリット

  • 年収は平均よりも低め
  • 残業がやや多い
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しい
  • 現場の薬剤師の負担は大きい


おすすめする薬剤師

  • 年収は低くても良いから、休日数はしっかり確保したい
  • 出産後も長く働いていきたい
  • 地域住民の健康に寄与している調剤薬局で働きたい!
  • 在宅訪問業務を積極的にやっていきたい!



 

東京都の調剤薬局に転職するなら薬剤師転職サイトを使うと良い!

東京都の調剤薬局の薬剤師の年収や働きやすさの評価ををランキング形式にして紹介しました。

あなたは、どの調剤薬局に転職しようと思いましたか?

薬剤師
薬剤師
とりあえず、ランキング1位の調剤薬局を選んでおけば間違いないででしょ!

と思っている人は、転職失敗への一歩を既に踏み出しています。

 

確かに、人気ランキング1位の調剤薬局は評価は高いです。

ただ、ランキングはあくまでも目安であり、「こういう傾向がある」ということを示すものです。

だから、ランキング1位だからといって、必ずしもあなたにとって良い調剤薬局とは限りません。

 

では、どうやってあなたにとってベストの調剤薬局を探せばよいのでしょう?

その答えは、薬剤師転職サイトを使うことです。

薬剤師転職サイトを使えば、転職コンサルタントがあなたの希望条件に一番合う調剤薬局を探してくれます。

つまり、薬剤師転職サイトを使えば、東京都の調剤薬局への転職を成功させることができるんです。

年収交渉もしてくれますので、東京都での調剤薬局の転職はきっとうまくいくはずです。