なの花薬局に転職した薬剤師の年収はいくら?評価は?

なの花薬局の待遇評価
2.4 / 5 評価
転職するメリット
  • 年間休日が多いのに、年収は平均~やや高め
  • 残業が少ない店舗が多く、ワークライフバランスを取りやすい
転職するデメリット
  • 調剤未経験者が応募できる店舗は少ない
  • 転勤OKでないと、手厚い待遇ではない
まとめ
東京のなの花薬局に転職した薬剤師の年収例

東京のなの花薬局に転職した薬剤師のモデル年収は400万円~480万円(25歳~30歳)です。 30歳で転職した場合は、年収480万円が目安になります。

 

東京のなの花薬局はこんな薬剤師におすすめ
  • 最初は東京勤務でも、全国転勤は覚悟している
  • 調剤薬局の勤務経験がある
  • 総合門前よりも地域密着型店舗で働きたい!
年収2.8
年間休日数4.5
土日休み相談0.5
残業時間3.1
総合門前0.2
駅チカ4.5
未経験者応募可能1.1
引越しを伴う転勤なし4.3
住宅補助(手当)あり0
在宅業務などの調剤こだわり3.1
田辺薬局田辺薬局に転職した薬剤師の年収はいくら?評価は? エスシーグループエスシーグループに転職した薬剤師の年収はいくら?評価は?
東京のなの花薬局の詳細
店舗外観 東京のなの花薬局
店舗数 31 店舗
求人店舗数 22 店舗
モデル月収 27.0万円~45.0万円程度
モデル年収 400万円~480万円程度(25歳~30歳モデル)
年収中央値 480 万 (調剤薬局平均 4,738,925円) 2.8 点
※年収の点数 平均474万を2.5点、平均との差額を1万=0.05点で
年間休日数 128 日 4.5 点
※休日の点数 年間120日を2.5点、120日との差日を1日=0.25点で
年間休日120日以上 21 店舗 95 % 4.8 点
土日休み相談 2 店舗 9 % 0.5 点
平均残業時間 7.42 時間  3.1 点
※残業の点数 10時間を2.5点、10時間との差時を1時間=0.25点で
残業月10時間以下 16 店舗 72 % 3.6 点
総合門前 1 店舗 4 % 0.2 点
駅チカ 20 店舗 90 % 4.5 点
未経験者応募可能 5 店舗 22 % 1.1 点
引越しを伴う転勤なし 19 店舗 86 % 4.3 点
住宅補助(手当)あり 0 店舗 0 % 0 点
在宅業務などの調剤こだわり 3.1 点 
在宅業務などの調剤こだわり評価ページ こちら 
薬剤師
薬剤師
東京のなの花薬局に転職すると、年収はそこそこ良いな。
でも、もっと年収をアップさせる方法はないかな?
薬剤師
薬剤師
東京のなの花薬局は年間休日が多いな!有給休暇はとれるのかな?
東京のなの花薬局に転職するなら、年収や休日、残業時間などの待遇面はとても重要なポイントです。
東京のなの花薬局の年収やそのほかの待遇面の評価を説明していきます!
転職コンサルタント
転職コンサルタント

 

東京のなの花薬局に転職した薬剤師の年収

東京のなの花薬局に転職した薬剤師の年収

東京のなの花薬局に転職した薬剤師のモデル年収は、25~30歳で400~480万円になります。

調剤経験の有無や調剤薬局での経験年数、調剤スキルなどによって、転職時の年収は異なりますが、30歳で転職すると、年収480万円が目安になります。

 

(薬剤師)「なの花薬局の30歳で480万円って平均と比べてどうなんだろう?」

 

厚生労働省の「第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」によると、調剤薬局の薬剤師の平均年収は473万8925円です。

 

つまり、東京のなの花薬局に転職すると、平均とほぼ同じ~少しだけ高い年収を稼ぐことができると言えるのです。

 

 

東京のなの花薬局はほかの地域のなの花薬局よりも年収は低い

なの花薬局では、地域手当があります。

この地域手当は、基本的に過疎地に配属になった場合に金額が高くなります。

東京は地域手当がつきません

 

そのため、東京のなの花薬局に転職すると、他の地域のなの花薬局に勤務している薬剤師よりも年収は低くなります。

 

 

東京のなの花薬局で年収をアップさせる方法

東京のなの花薬局で、もっと稼ぎたいと思うなら、転勤を覚悟しなければいけません。

逆に転勤OKだったら、東京のなの花薬局でしっかり稼ぐことができます

 

新卒薬剤師でも全国転勤OKの広域対象の勤務区分なら、月給356,000円(基本給206,000円)~となっています。

ボーナスは2019年度の実績は4ヶ月分ですから、全国転勤OKなら、年収は509万6000円

となります。

 

だから、転勤覚悟で東京のなの花薬局に転職すれば、年収509万6000円以上を稼ぐことができるのです。

 

 

東京のなの花薬局に転職した薬剤師の待遇面や条件の評価

東京のなの花薬局に転職した薬剤師の待遇面や条件に付いて、詳しく見ていきましょう。

 

 

なの花薬局の残業の評価

東京のなの花薬局では、残業時間が10時間以下の店舗は22店舗中16店舗と比較的多いです。

インフルエンザ流行時などは残業が増えるものの、普段の残業は月2~3時間程度という口コミもあります。

 

店舗や時期にもよりますが、東京のなの花薬局は残業が少なめで、ワークライフバランスが取りやすいと言えます。

 

 

なの花薬局の土日休みの評価

東京のなの花薬局は、土日休みの相談OKという店舗は非常に少ないです。

面対応の店舗が多いため、土曜日も1日営業しているところが多いんです。

そのため、日曜日を休みにすることはできても、土曜日も毎週休むということは難しいです。

 

 

なの花薬局の休日数の評価

なの花薬局の年間休日数は128日と、非常に多いです。

有給消化日数は2019年度は8.3日ですので、多いとは言えないものの、必要時は有給は消化できると言えます。

店舗にもよりますが、有給は消化しやすいという評判もあります。

 

なの花薬局はプライベートを大切にしながら働けますね。

 

 

なの花薬局の総合門前の割合の評価

東京のなの花薬局では、総合門前の店舗は1店舗のみと非常に少なくなっています。

全国的に見ても、なの花薬局は総合病院門前店舗は28.7%、地域密着型店舗が71.3%となっていますので、なの花薬局は総合病院門前店舗で働きたいという人には、あまりおすすめできません

 

 

なの花薬局の立地の評価

東京のなの花薬局は、ほとんどの店舗が駅チカで通勤しやすいです。

東京は公共交通機関が発達しているので、駅チカ店舗が多いということもありますが、東京のなの花薬局は総合病院門前よりも地域密着型の面対応店舗が多いので、駅チカに出店しているということもあるでしょう。

 

 

なの花薬局の未経験者への教育の評価

なの花薬局は毎年たくさんの新卒薬剤師を採用していますが、未経験者を採用している店舗は少ないです。

なの花薬局では転職してくる薬剤師には、即戦力を求めていることが考えられます。

また、総合門前のような大型店舗が少なく、面対応の小型店舗が多いため、転職者にマンツーマンで指導する余裕がないと言えるかもしれません。

 

 

なの花薬局の研修・キャリアアップの評価

なの花薬局では入社1~3年目の研修のほかに、マネジメント関連の研修やPP制度(プロフェッショナルファーマシスト制度)の研修があります。

 

そのため、店舗マネジメントの道にも進めますし、調剤薬局の薬剤師として専門性を深めていくこともできます。

 

 

なの花薬局の女性の働きやすさの評価

なの花薬局は女性が多い職場ですので、女性が働きやすい環境を整えています。

時短勤務制度が使えますし、女性が多いので、子供が熱を出した時などでもお互いに調整しあいながら休んでいます。

そのため、ライフスタイルが変わっても働きやすいと言えるでしょう。

 

 

なの花薬局の転勤事情の評価

東京のなの花薬局では、転勤の有無は自分で選ぶことができます。

なの花薬局では次の3つの勤務区分があります。

 

  • 自宅通勤勤務
  • 広域対象(エリア勤務)
  • 広域勤務(全国勤務)

 

自宅通勤勤務を選べば、店舗異動はあるものの、自宅から通える範囲のみになりますので、引っ越しはありません

ただ、自宅通勤勤務の場合、広域勤務手当がつかないので、給料は低くなります。

 

 

なの花薬局の住宅補助(手当)事情の評価

なの花薬局では自宅通勤勤務を選んだ場合は、住宅補助はありません。

広域対象で、会社の命で引っ越しを伴う転勤をした場合のみ、借上社宅の家賃全額補助の制度があります。

 

 

なの花薬局の在宅訪問やかかりつけなど調剤業務の評価

なの花薬局では面対応の店舗が多く、かかりつけ薬剤師がいる店舗の割合も31店舗中28店舗と多いですが、調剤基本料1を算定できている店舗は31店舗中17店舗と少ないです。

 

そのため、今後はかかりつけ薬剤師の人数を増やすと共に、かかりつけ薬剤師の算定件数等のノルマが厳しくなる可能性が高いです。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

東京のなの花薬局なの花薬局の在宅訪問やかかりつけなど調剤業務の評価は?

 

 

東京のなの花薬局に転職するなら薬剤師転職サイト

薬剤師
薬剤師
東京のなの花薬局に転職しようかなぁ

と思った人は、薬剤師転職サイトを使いましょう

 

残業時間や有給消化率などは、各店舗によって異なります。

転職するなら、応需科目や立地も重要ですよね。

薬剤師転職サイトを使えば、転職コンサルタントが細かいことまでしっかり調べてくれますので、東京のなの花薬局の中で希望に合った店舗に転職することができます

 

転職コンサルタントは、年収交渉もしてくれますから、自力で転職するよりも高年収を稼げる可能性が高くなるんです。