【東京都の調剤薬局の薬剤師】かかりつけ薬剤師ノルマランキング

薬剤師
薬剤師
東京都の調剤薬局でかかりつけ薬剤師に積極的な所ってどこだろう?
せっかく調剤薬局で働くなら、かかりつけ薬剤師の仕事を頑張りたいんだ!
東京都の調剤薬局は、かかりつけ薬剤師に対する方針は千差万別です!
転職コンサルタント
転職コンサルタント
東京都の調剤薬局で、かかりつけ薬剤師に積極的な順にランキング形式でまとめました。
このランキングを見れば、あなたのかかりつけ薬剤師への姿勢に一致する調剤薬局を見つけることができますよ!
転職コンサルタント
転職コンサルタント

【東京都の調剤薬局の薬剤師】かかりつけ薬剤師ノルマランキング

 

 

東京都の調剤薬局の中でかかりつけ薬剤師がいる店舗割合を5点満点で評価しました。

 

厚生労働省の令和2年の届出受理医療機関名簿から、東京都内の店舗数と「かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料」の届出をしている店舗数を算出しました。

そして、東京都内でかかりつけ薬剤師がいる店舗割合を計算しています。

かかりつけ薬剤師がいる店舗割合50%を3点として、1%の増減ごとに0.04点を加算・減算して採点しています。

 

点数が高ければ高いほど、かかりつけ薬剤師がいる店舗割合が多い=かかりつけ薬剤師制度に積極的である・ノルマが厳しい

点数が低ければ、かかりつけ薬剤師がいる店舗割合が少ない=かかりつけ薬剤師には積極的ではない・ノルマが緩い

ということになります。

 

 

ランキング解説

アイセイ薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.8


アイセイ薬局

東京都のアイセイ薬局で、かかりつけ薬剤師指導料を算定している店舗(=かかりつけ薬剤師がいる店舗)は70店舗中67店舗(95.7%)となっています。


この割合は、他の大手調剤薬局と比べると非常に多いです。


 


かかりつけ薬剤師がいる店舗がこれだけ多いということは、東京都のアイセイ薬局はかかりつけ薬剤師制度を推進しているということがわかります。


つまり、かかりつけ薬剤師のノルマはかなり厳しいIということです。


 


このかかりつけ薬剤師のノルマが厳しく、かかりつけ薬剤師がいる店舗が多いということも、東京都のアイセイ薬局で調剤基本料1を算定している店舗が多い理由の1つでしょう。


かかりつけ薬剤師に指名してもらえば、その患者さんは門前の医療機関だけでなく、様々な医療機関の処方箋を持ってきてくれるので、特定の医療機関の処方箋の集中率が下がりやすくなります。


東京都のアイセイ薬局は、医療モール内以外にクリニックの門前薬局などもあります。


 


かかりつけ薬剤師がいることで、特定の医療機関と1対1の門前薬局でも、特定の医療機関の処方箋集中率が下がり、調剤基本料1を算定しやすくなるんです。



エスシーグループのかかりつけ薬剤師の評価・評判4.7


エスシーグループ

東京都のエスシーグループでは、かかりつけ薬剤師がいる店舗は50店舗中46店舗と多くなっています。


このデータから、東京都のエスシーグループがかかりつけ薬剤師制度を積極的に推進していることがわかります。


かかりつけ薬剤師が多いから、患者さんがいろいろな医療機関の処方箋を持ってきて、特定の医療機関の処方箋集中率を下げることができ、調剤基本料1を算定することができるのです。


 


これだけかかりつけ薬剤師がいる店舗が多いということは、エスシーグループに転職したら、かかりつけ薬剤師になることは既定路線であると言っても良いでしょう。



なの花薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.6


東京都のなの花薬局

東京都のなの花薬局では、かかりつけ薬剤師がいる店舗の割合は31店舗中28店舗(90%)と非常に高くなっています。


そのため、東京都のなの花薬局はかかりつけ薬剤師の制度に積極的であると言えるでしょう。


 


かかりつけ薬剤師がいれば、 患者さんにいろいろな医療機関の処方箋を持ってきて貰えるので、特定の医療機関の処方箋集中率を下げれば、調剤基本料1の算定要件を満たすことができます。


だから、一般的にはかかりつけ薬剤師がいる店舗では、調剤基本料1を算定しやすいのです。


 


しかし、なの花薬局はかかりつけ薬剤師がいる店舗は多いのに、調剤基本料1を算定できている店舗は少ないです。


これは、なぜなのか?


かかりつけ薬剤師の数が少ないのかもしれません。


各店舗に1人しかかかりつけ薬剤師がいなかったら、特定の処方箋集中率は下がりにくいです。


 


ここから考えると、なの花薬局はこれからもっとかかりつけ薬剤師制度に積極的になるし、かかりつけ薬剤師になることを強制される。


さらに、かかりつけ薬剤師の算定件数のノルマは厳しくなることが予想されます



クオール薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.4


クオール薬局

かかりつけ薬剤師の評価・評判4.4


東京都のクオール薬局では、東京都内にある109店舗中かかりつけ薬剤師がいる店舗は93店舗もあります。


かかりつけ薬剤師がいれば、いろいろな医療機関の処方箋が集まりやすくなりますので、診療報酬で調剤基本料1を算定しやすくなります。


 


だから、東京都のクオール薬局では調剤基本料1を算定できている店舗が多いのです。


 


クオール薬局は「選ばれつづける薬局・薬剤師」になることを目指しています。


「選ばれる薬剤師=かかりつけ薬剤師」ということですから、クオール薬局の薬剤師はかかりつけ薬剤師になることは既定路線であり、かかりつけ薬剤師になるのが当たり前ということになるでしょう。


また、かかりつけ薬剤師がいる割合と調剤基本料1を算定している割合がほぼ同じであることから、かかりつけ薬剤師としての業務に力を入れ、ノルマが厳しい可能性があることが考えられます。



東京調剤センターのかかりつけ薬剤師の評価・評判4.4




東京調剤センターは、かかりつけ薬剤師がいる店舗は86%と非常に高くなっています。


東京調剤センターではかかりつけ薬剤師制度に積極的に取り組んでいることがわかります。


 


患者さんからかかりつけ薬剤師に指名してもらえば、門前の医療機関以外の処方箋も持ってきてもらえるので、特定の医療機関の処方箋集中率を下げることができます。


特定の医療機関の処方箋集中率が下がれば、調剤基本料1を算定することができます。


 


だから、東京調剤センターは大学病院門前店舗があるにもかかわらず、全店舗で調剤基本料1を算定できているのです。



薬樹薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.3


薬樹薬局

東京都の薬樹薬局は、かかりつけ薬剤師指導料を算定しているのは40店舗中33店舗となっています。


この数字を見ると、かかりつけ薬剤師がいる店舗=調剤基本料1を算定している店舗と考えて良いでしょう。


 


薬樹薬局はかかりつけ薬剤師制度を会社全体で推進しています。


東京都ではかかりつけ薬剤師がいる店舗は82.5%ですが、薬樹薬局全体では97%と非常に高くなっています。


この数字を見る限り、薬樹薬局はかかりつけ薬剤師の厳しいノルマ(目標)を設けていると推測できます。


ほかの調剤薬局と比べても、調剤基本料1・かかりつけ薬剤師指導料を算定している店舗割合は高いので、ノルマを課さないと、これだけの数字は達成できないはずです。



日本調剤のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.3


日本調剤

東京都の日本調剤では、かかりつけ薬剤師の届け出をしている店舗は83%となっています。


この数字から、東京都の日本調剤ではかかりつけ薬剤師を積極的に推進しているといえます。


 


かかりつけ薬剤師に積極的だから、患者さんに門前の医療機関以外の処方箋を持ってきてもらえる。


だから、特定の医療機関の処方箋集中率を下げることができて、調剤基本料1を算定できているというわけです。


 


よく言えば、かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局に積極的である。


悪く言えば、かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局のノルマが厳しい。


 


実際、日本調剤ではかかりつけ薬剤師のノルマが厳しいという口コミが多いです。



田辺薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.1


田辺薬局

東京都の田辺薬局では、かかりつけ薬剤師がいる店舗は、令和2年5月のデータで39店舗中30店舗で76.9%となっています。


令和2年2月のデータでは39店舗中24店舗で61.5%でした。


3ヶ月間で、調剤基本料1と同様に大幅に増加しています。


 


これは、ここ数ヶ月間で東京都の田辺薬局がかかりつけ薬剤師に力を入れていることを表しています。


かかりつけ薬剤師制度を積極的に推進してて、かかりつけ薬剤師に指名してもらう数を増やしているのです。


 


かかりつけ薬剤師に指名してもらえば、門前医療機関以外の処方箋も持ってきてもらえるので、特定の医療機関の処方箋集中率が下がり、調剤基本料1を算定できます。


 


だから、東京都の田辺薬局では、ここ数ヶ月間でかかりつけ薬剤師がいる店舗が大幅に増加し、それに伴って、調剤基本料1を算定できる店舗も増えているということです。


かかりつけ薬剤師と調剤基本料1について、これだけ短期間で結果を出しているということは、かかりつけ薬剤師のノルマが厳しくなっている]と推測できます。



ファーコス薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判4.1


ファーコス薬局

東京都のファーコス薬局は、かかりつけ薬剤師がいるのは56店舗中44店舗です。


 


なぜ、東京都のファーコス薬局では調剤基本料1を算定できている店舗が多いのか?


それは、かかりつけ薬剤師がいる店舗が多いからです。


 


かかりつけ薬剤師に指名してもれれば、その患者さんのすべての処方箋を持ってきてもらえますので、特定の医療機関の処方箋集中率を下げることができます。


特定の医療機関の処方箋集中率を下げれば、調剤基本料1を算定できます。


 


東京都のファーコス薬局ではかかりつけ薬剤師のノルマを厳しくして、調剤基本料1を算定する店舗を増やしているというわけです。


 


実際に、ファーコス薬局の薬剤師にはノルマが課されるとの口コミがあります。


ダイレクトに「ノルマ」という表現ではなく、「目標」という表現ですが、実質はノルマであり、かかりつけ薬剤師の算定件数のノルマなどが課せられるようです。



アインファーマシーズのかかりつけ薬剤師の評価・評判4


アイン薬局

東京都のアインファーマシーズでかかりつけ薬剤師指導料を算定している店舗割合も74%と高めになっていますので、かかりつけ薬剤師にも積極的に取り組んでいることが分かります。


 


一般的にかかりつけ薬剤師がいる店舗では、特定の医療機関の処方箋集中率が下がりやすくなりますので、調剤基本料1を算定できることが多いです。


でも、東京都のアインファーマシーズでは、かかりつけ薬剤師がいる店舗は74%と比較的高いのに、調剤基本料1を算定できている店舗割合は低いです。


 


この事実から今後、東京都のアインファーマシーズでは、かかりつけ薬剤師のノルマはさらに厳しくなることが予測できます


かかりつけ薬剤師の同意書獲得数やかかりつけ薬剤師指導料の算定件数のノルマを厳しくして、調剤基本料1の算定を目指そうとするのは当然のことですから。



さくら薬局(クラフト)のかかりつけ薬剤師の評価・評判3.7


さくら薬局(クラフト(株))

東京都のさくら薬局では、かかりつけ薬剤師がいる店舗は120店舗中80店舗(66.7%)となっています。


かかりつけ薬剤師がいる店舗と調剤基本料1を算定している店舗はほぼ同数ですので、かかりつけ薬剤師がいる店舗が調剤基本料1を算定できていると言って良いでしょう。


 


かかりつけ薬剤師に指名してもらうと、門前の医療機関以外の処方箋を持ってきてもらえるので、かかりつけ薬剤師は調剤基本料1を算定するためには重要な要素なのです。


 


クリニックの門前店舗が多くても、駅から近い店舗が多く面対応の機能を持っている。


面対応の機能を持っていると、かかりつけ薬剤師を推進しやすい。


だから、東京都のさくら薬局ではクリニックの門前店舗が多くても、3分の2の店舗でかかりつけ薬剤師がいて、調剤基本料1を算定できているといえます。


 


東京都のさくら薬局のかかりつけ薬剤師のノルマについてですが、厳しいノルマが課せられている可能性が高いです。


なぜなら、さくら薬局では研修認定薬剤師の資格取得を全面的にバックアップしているからです。


 


クラフトの社内研修のみで研修認定薬剤師取得に必要なポイントを得ることができますし、外部研修の場合は、研修費を全額会社が負担してくれます。


さらに、研修認定薬剤師をの資格を取得したら、祝い金として5万円を支給してもらえるんです。 


会社全体でかかりつけ薬剤師制度を推進し、かかりつけ薬剤師を増やそうとしているのがよく分かります。


 


この会社の方針を考えると、さくら薬局に転職したら、ほぼ強制的にかかりつけ薬剤師にならないといけませんし、ノルマもそれなりに厳しいと考えられます。



そうごう薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判3.7


そうごう薬局

東京都のそうごう薬局では、かかりつけ薬剤師がいる店舗は41店舗中28店舗ですから、68%とそこまで高くありません。


このデータを調剤基本料1を算定できている店舗割合と比べてみると、かかりつけ薬剤師がいる店舗ではほぼ調剤基本料1を算定できていると推測できます。


逆に言うと、かかりつけ薬剤師がいない店舗では、調剤基本料1を算定できていないということです。


 


こちらを見ると、診療報酬ではいかに調剤基本料1を算定するかが重要になることがわかります。


 


<調剤基本料の点数>



  • 調剤基本料1:42点

  • 調剤基本料2:26点

  • 調剤基本料3(イ):21点

  • 調剤基本料3(ロ):16点

  • 特別調剤基本料:9点


 


東京都のそうごう薬局は面対応の店舗が多いけれど、かかりつけ薬剤師がいない店舗では、調剤基本料1を算定できていない。


ということは、今後はかかりつけ薬剤師制度を積極的に推進していく、つまりノルマが厳しくなることが考えられます。



ファーマライズ薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判3.6


ファーマライズ薬局

かかりつけ薬剤師がいる店舗は、29店舗中19店舗(約66%)となっています。


この数字と調剤基本料1の数字を見ると、「かかりつけ薬剤師がいる店舗=調剤基本料1」を算定している店舗と言えますね。


 


東京のファーマライズ薬局は全店舗が総合病院門前店舗であるにも関わらず、調剤基本料1を算定できているのは約7割と健闘しています。


なぜ、健闘できているのか?


その理由は、かかりつけ薬剤師を推進しているからです。


 


かかりつけ薬剤師が増えると、門前の総合病院以外の処方箋が集まりやすくなり、特定の医療機関の処方箋集中率が下がり、調剤基本料1を算定できるようになります。


 


東京のファーマライズ薬局は総合病院門前店舗でありながら、駅から近い立地のところが多いです。


駅から近い店舗なら、地域住民に利用されやすく、面対応の調剤薬局の性質も持ち合わせています。


この立地の特徴を活かして、かかりつけ薬剤師制度を積極的に推進していると言えるでしょう。


 


ということは、東京のファーマライズ薬局では、かかりつけ薬剤師のノルマは厳しいとも言えるんです。



ファーマみらいのかかりつけ薬剤師の評価・評判3.5


ファーマみらい

東京都のファーマみらいは、かかりつけ薬剤師がいる店舗は46店舗中29店舗(63%)です。


東京都のファーマみらいは、門前店舗が多く、さらに駅から離れた店舗もあります。


そのような条件の中で、これだけかかりつけ薬剤師がいる店舗があるというのは、調剤基本料1と同様に検討していると言えるでしょう。


 


ただ、ファーマみらい以上に総合病院店舗の割合が多い日本調剤は、かかりつけ薬剤師がいる店舗83%となっています。


このことから考えると、ファーマみらいはまだまだこれからノルマが厳しくなる可能性はあります


 


実際に、かかりつけ薬剤師のノルマは100件/人であり、かなり厳しいプレッシャーをかけられるという口コミもあります。



ぱぱす薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判1.3


ぱぱす薬局

かかりつけ薬剤師指導料を算定しているのは、38店舗中3店舗です。


 


一般的に大手の調剤薬局は、「調剤基本料1の店舗=かかりつけ薬剤師がいる店舗」になります。


でも、東京都のぱぱす薬局は調剤基本料1の店舗は多いのに、かかりつけ薬剤師の店舗がいる店舗は少ないです。


 


これは、東京都のぱぱす薬局はかかりつけ薬剤師制度を推進しなくても、調剤基本料1を算定できているから、あえてかかりつけ薬剤師制度を推進していないことが理由と考えられます。


普通なら、調剤薬局は収益を上げるために調剤基本料1を算定しようとして、必死にかかりつけ薬剤師制度を推進しています。


かかりつけ薬剤師に指名してくれる患者さんが増えれば、様々な医療機関の処方箋を扱うことができ、特定の医療機関の処方箋集中率を下げることができますから。


 


でも、東京都のぱぱす薬局は先ほど説明したように、立地の関係で、自然に調剤基本料1を算定できています。


 


つまり、東京都のぱぱす薬局では、かかりつけ薬剤師には積極的ではない・積極的にする必要がないということがわかります。


このことから、東京都のぱぱす薬局ではかかりつけ薬剤師のノルマはないと推測できます。



ヤマグチ薬局のかかりつけ薬剤師の評価・評判1


ヤマグチ薬局

かかりつけ薬剤師がいる店舗はありません。


かかりつけ薬剤師がいる店舗がない、つまり東京都のヤマグチ薬局にはかかりつけ薬剤師が1人もいないということになります。


厚生労働省はかかりつけ薬剤師制度を推進していて、多くの調剤薬局で必死にかかりつけ薬剤師を増やし、ノルマを設けている中、東京都のヤマグチ薬局ではかかりつけ薬剤師がゼロ。


 


これはどういうことなのでしょうか?


 


実は、ヤマグチ薬局では「社員の働きやすさ」を重視するために、かかりつけ薬剤師の達成ノルマを作っていないんです。


だから、東京都のヤマグチ薬局ではかかりつけ薬剤師がいる店舗はゼロなんですね。


 


かかりつけ薬剤師がいると、かかりつけ薬剤師指導料を算定できます。


また、特定の医療機関の処方箋集中率が下がりやすくなるので、調剤基本料1を算定しやすくなります。


調剤基本料1を算定すれば、調剤薬局の収益は上がります。


 


それでも、東京都のヤマグチ薬局はかかりつけ薬剤師のノルマを作らずに、独自路線を突き進んでいるのんです。



東京都で調剤薬局に転職するなら、薬剤師転職サイトを使おう!

 

東京都で調剤薬局に転職するなら、薬剤師転職サイトを使いましょう。

 

調剤薬局でバリバリかかりつけ薬剤師の仕事をしたい人も、かかりつけ薬剤師にならずに緩く働きたい人も、薬剤師転職サイトを使うことで、転職に失敗する確率がグッと低くなるんです。

 

転職サイトを使うと、転職コンサルタントが調剤薬局のかかりつけ薬剤師制度への方針だけでなく、ノルマの詳細やノルマへの圧の強さ、かかりつけ薬剤師を頑張った時の報奨・インセンティブなど詳しく調べてくれます。

あなたのかかりつけ薬剤師への姿勢と調剤薬局のかかりつけ薬剤師の方針のギャップが消えるのです。

だから、転職後に後悔するリスクが下がるのです。

 

そのほか年収や待遇などあなたの希望に合った東京都内の調剤薬局の求人を紹介してくれますよ!