ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師へ!おすすめランキング

ドラッグストアから調剤薬局に転職したいんだけど、どこがいいの?

う~ん、まぁとりあえず人気がありそうなところを選んでおけばいいでしょ






あれ?これじゃあ、あんまり転職した意味無いじゃん!

こんな悲劇をあなたは経験したいですか?

絶対に嫌だ!
それなら、あなたにピッタリ合った調剤薬局を見つけて転職しないと!

あなたはドラッグストアから調剤薬局に転職を考えているんですね。
ドラッグストアから調剤薬局に転職するなら、あなたは自分にピッタリ合った調剤薬局を選ばないと、転職に失敗する可能性が高いです!

え?本当!?調剤薬局はどこでも一緒というわけじゃないんだね

そうです。
ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師さんは、まずは調剤薬局のおすすめ総合ランキングを見て、さらに転職理由別のおすすめランキングをチェックしておきましょう。
そうすれば、あなたは選ぶべき調剤薬局が見えてきます。

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師さんのための調剤薬局おすすめ総合ランキングを説明していきます。

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師のための総合おすすめランキング

ドラッグストアから調剤薬局に転職するなら、まずは総合おすすめランキングをチェックしておきましょう。

そうすると、

どんな調剤薬局を選べば良いのかわからない!
という薬剤師さんは、自分に合う調剤薬局の目星をつけることできます。

自分に合う調剤薬局の目星をつけることができれば、そこからの転職活動をスムーズに進めることができますし、転職に成功する可能性が高くなるんです。

この6つのタイプの調剤薬局でドラッグストアから調剤薬局に転職する時のおすすめランキングを作りました。

調剤薬局のタイプ 6つ
・総合病院の門前薬局
・単科病院やクリニックの門前薬局
・医療モール型調剤薬局
・面応需型薬局(街中・駅前)
・面応需型薬局(住宅地)
・在宅・施設への訪問に注力している薬局

ランキング化する時の評価項目は次の5つです。

評価項目 5つ
・調剤スキルを上げられる
・仕事と給料のバランスが良い
・勤務時間が短い
・日曜祝日に休める
・一人薬剤師ではない
それではドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師におすすめの調剤薬局総合ランキングを見ていきましょう!

第1位 総合病院の門前薬局

総合病院門前薬局の評価
調剤スキルを上げられる
(5.0)
仕事と給料のバランスが良い
(2.0)
勤務時間が短い
(5.0)
日曜祝日に休める
(4.0)
一人薬剤師ではない
(5.0)
総合評価 4.2
(4.0)

解説

総合病院の門前薬局が、ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師におすすめ第1位になります。
幅広い診療科の処方箋を扱えるのでスキルアップできますし、勤務時間も短いです。
例外はあるものの、日曜祝日が休みのところは多いですし、土曜日も休めるところがあります。

ただ、忙しいですし、スキルアップのために常に勉強を続けなければいけません。

向いてない人
そのため、「ゆとりを持って楽に働きたい」という人にはおすすめできません。

1位の総合病院門前薬局の一例はこちらです。

総合病院門前薬局の一例
・東京:アイン薬局 新大久保店(東京山手メディカルセンター門前)
・大阪:阪神調剤薬局 あべの店(大阪市立大学医学部附属病院門前)
・名古屋:かりん薬局 中村日赤前調剤センター(名古屋第一赤十字病院門前)

第2位 面応需型薬局(住宅地)

面応需型薬局(住宅地)の評価
調剤スキルを上げられる
(2.0)
仕事と給料のバランスが良い
(5.0)
勤務時間が短い
(5.0)
日曜祝日に休める
(5.0)
一人薬剤師ではない
(1.0)
総合評価 3.6
(3.5)

解説

住宅地にある面応需型の調剤薬局が2位になります。
住宅地の調剤薬局は、ワークライフバランス重視の薬剤師さんにおすすめです。

ただ、教育制度が整っていなくて、一人薬剤師になる可能性があることが難点です。

注意
そのため、ドラッグストアでOTCの経験しかない薬剤師さんはやめておいた方が良いです。

2位の住宅地にある面応需型薬局の一例をご紹介します。

住宅地にある面応需型薬局の一例
・東京:かちどき薬局 下馬店(世田谷区)
・大阪:フラワー薬局 山之内店(住吉区)
・名古屋:くるみ調剤薬局 しが店(北区)

第3位 在宅・施設への訪問に注力している薬局

在宅・施設への訪問に注力している薬局の評価
調剤スキルを上げられる
(3.0)
仕事と給料のバランスが良い
(4.0)
勤務時間が短い
(4.0)
日曜祝日に休める
(3.0)
一人薬剤師ではない
(2.0)
総合評価 3.2
(3.0)

解説

在宅・施設への訪問に注力している薬局は、顧客が多いので、処方箋の枚数がある程度決まっています。
そのため、ゆとりを持って働けますし、内科・整形外科・眼科・皮膚科等の幅広い診療科を扱うことができます。

すべての転職理由をそこそこ高いレベルで解決することができる調剤薬局です。

向いている人
どうしても転職理由の優先順位をつけられないという薬剤師さんにおすすめです。

3位の在宅・施設への訪問に注力している調剤薬局の一例はこちらです。

在宅・施設への訪問に注力している調剤薬局の一例
・東京:訪問薬樹薬局 飯田橋
・大阪:サン薬局 本町店
・名古屋:調剤薬局アモス 金山店

第4位 単科病院やクリニックの門前薬局

単科病院やクリニックの門前薬局の評価
調剤スキルを上げられる
(3.0)
仕事と給料のバランスが良い
(4.0)
勤務時間が短い
(3.0)
日曜祝日に休める
(2.0)
一人薬剤師ではない
(3.0)
総合評価 3
(3.0)

解説

単科病院やクリニックの門前薬局は、総合おすすめランキングの第4位です。
総合評価はあまり高くはありませんが、病院やクリニックの営業時間・救急外来の有無によっては、評価は一気に高くなります。
日曜祝日が確実に休みで、18時頃で営業終了になる単科病院やクリニックの門前薬局はあります。
そのような調剤薬局を探せば、調剤スキルもしっかり学べるし、ワークライフバランスを取れて、割がいいと思えるはずです。

第4位 医療モール型調剤薬局

医療モール型調剤薬局の評価
調剤スキルを上げられる
(4.0)
仕事と給料のバランスが良い
(3.0)
勤務時間が短い
(2.0)
日曜祝日に休める
(2.0)
一人薬剤師ではない
(4.0)
総合評価 3
(3.0)

解説

医療モール型の調剤薬局は、複数のクリニックの処方箋を扱いますので、やや忙しいですし、拘束時間が長くなる傾向があります。

向いている人
総合病院門前で働く自信はないけれど、ある程度の調剤スキルはしっかり身につけたいという薬剤師におすすめです。

第6位 面応需型薬局(街中・駅前)

面応需型薬局(街中・駅前)の評価
調剤スキルを上げられる
(3.0)
仕事と給料のバランスが良い
(2.0)
勤務時間が短い
(1.0)
日曜祝日に休める
(1.0)
一人薬剤師ではない
(3.0)
総合評価 2
(2.0)

解説

街中や駅前にある面応需型の調剤薬局は、ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師には、ハッキリ言っておすすめできません。

ドラッグストアから調剤薬局に転職して「割がいい」と感じられるほどの労働環境ではありません。
だからと言って、調剤スキルを十分に身につけられるというわけでもないんです。

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師の理由は何?

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師さんに質問です。

あなたはなぜドラッグストアから調剤薬局に転職したいのですか?

これを明確にして、転職する理由を解決できる調剤薬局を選ばないと、転職は成功しません。

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師さんのためのおすすめ総合ランキングを見てきましたが、これだけではあなたの希望にピッタリ合う調剤薬局を確実に見つけるのは難しいです。
総合ランキングは、あくまでも「総合」ですから。
総合ランキングを知った上で、次にあなたの転職する理由を解決できる調剤薬局を確認しておきましょう。
そうすれば、あなたの希望にピッタリ合う調剤薬局を見つけることができます。

ドラッグストアから調剤薬局に転職する理由は人それぞれですが、次のようなものが多いと思います。

ドラッグストアから調剤薬局に転職する理由
・調剤スキルを上げたい
・ドラッグストアは割に合わないから嫌
・勤務時間が長いから嫌
・日曜祝日の休みが欲しい
・一人薬剤師が嫌

あなたの転職理由はこの5つの理由の中のどれでしょうか?

全部!
という人もいるかもしれませんね。
全部(もしくは複数)の方は、転職理由の中で優先順位をつけておくと、ドラッグストアから調剤薬局へ転職する時の調剤薬局選びがはかどりますし、選択を間違うことはありません。

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師のための理由別ランキング

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師のための理由別ランキングをご紹介します。
ここで紹介する転職理由は、先ほど紹介したように次の5つです。

5つの転職理由
・調剤スキルを上げたい
・ドラッグストアは割に合わないから嫌
・勤務時間が長いから嫌
・日曜祝日の休みが欲しい
・一人薬剤師が嫌

この5つの理由別に、次の6つのタイプの調剤薬局をランク付けしていきます。

6つの調剤薬局のタイプ
・総合病院の門前薬局
・単科病院やクリニックの門前薬局
・医療モール型調剤薬局
・面応需型薬局(街中・駅前)
・面応需型薬局(住宅地)
・在宅・施設への訪問に注力している薬局

このランキングを見れば、あなたが転職すべき調剤薬局がすぐに見つかるはずです。

調剤スキルを上げられる調剤薬局人気ランキング調剤スキルを上げられる調剤薬局人気ランキング仕事と給料のバランスが良い調剤薬局人気ランキング仕事と給料のバランスが良い調剤薬局人気ランキング勤務時間が短い調剤薬局人気ランキング勤務時間が短い調剤薬局人気ランキング日曜祝日に休める調剤薬局人気ランキング日曜祝日に休める調剤薬局人気ランキング一人薬剤師ではない調剤薬局人気ランキング一人薬剤師ではない調剤薬局人気ランキング

ドラッグストアから調剤薬局に転職するなら薬剤師転職サイトが便利!

ドラッグストアから調剤薬局に転職するなら、薬剤師転職サイトを使うと便利です。

これ総合病院門前の調剤薬局がいいけれど、1人あたりの処方箋の枚数とか残業時間とかを知りたい

このように調剤薬局の細かい情報を知りたいという人もいますよね。

日曜祝日が確実に休みで、18時頃で営業終了になる単科病院やクリニックの門前薬局ってあるの?

このような疑問を持っている人もいると思います。

そのような薬剤師は、薬剤師転職サイトを使えば良いんです!

薬剤師転職サイトを使うと、次のようなメリットがあります。

転職サイトのメリット
・調剤経験がなくても採用してくれる調剤薬局の求人を絞り込んでくれる
・希望条件に合った調剤薬局の求人を紹介してもらえる
・処方箋の枚数や残業時間、有給消化率など細かい情報を調べてくれる
・面接対策をしてもらえる
・志望動機や自己PRを一緒に考えてもらえる
・面接の日程調整をしてもらえる
・現職を円満退職するためのアドバイスをしてくれる

だから、ドラッグストアから調剤薬局に転職するなら、薬剤師転職サイトを使うと転職の成功確率が高くなります。
薬剤師転職サイトは完全無料で使えますので、気軽に登録して使いましょう。
好条件の求人の取りこぼしをなくすためにも、1つだけではなく、複数の転職サイトを使うと良いですよ。