東京の日本調剤〜薬剤師の年収とこだわり条件の評価

東京の日本調剤〜薬剤師の年収とこだわり条件の評価

2.95

年収中央値

3.8/5

残業月10時間以下

0.2/5

土日休み相談

0.9/5

年間休日120日以上

4.7/5

総合門前

1.6/5

駅チカ

4.4/5

未経験者応募可能

4.8/5

引越しを伴う転勤なし

4.7/5

住宅補助(手当)あり

0.9/5

調剤こだわり

3.8/5

良い

  • 調剤薬局の中では高年収を見込める
  • 年間休日が多い
  • 駅チカ店舗が多い
  • 調剤未経験者でも安心の教育体制が整っている
  • 引っ越しが必要な転勤はほぼない

悪い

  • 残業が多い
  • 土日どちらも休むのは難しい
  • 東京では住宅手当がつかないことが多い
  • 東京は地域手当が安い分は不利
  • ノルマがきつい
東京の日本調剤の詳細
店舗外観

日本調剤

店舗数 128 店舗
求人店舗数 118 店舗
求人票月収 25.0万円~50.0万円程度
求人票年収 400万円~500万円程度(24歳~30歳モデル)
年収中央値 500 万 (調剤薬局平均 4,738,925円)
年間休日数 125 日
残業月10時間以下 4 店舗 3 %
土日休み相談 22 店舗 18 %
年間休日120日以上 112 店舗 94 %
総合門前 37 店舗 31 %
駅チカ 104 店舗 88 %
未経験者応募可能 113 店舗 95 %
引越しを伴う転勤なし 112 店舗 94 %
住宅補助(手当)あり 21 店舗 17 %
調剤こだわり 3.75 点 
調剤こだわり評価ページ こちら 
薬剤師
薬剤師
日本調剤は年収が高めだけど、東京は不利なのか。
どのくらい不利なんだろう?気になるな
薬剤師
薬剤師
年間休日は多いけれど、残業も多いのかぁ。
残業のこと会社はどう思っているんだろう?
転職する上で、年収や年間休日、残業時間はとても大切ですよね。
東京の日本調剤の年収とこだわり条件を詳しく解説していきます。
転職コンサルタント
転職コンサルタント

 

東京の日本調剤の薬剤師の年収とこだわり条件の解説

東京の日本調剤の年収

東京の日本調剤の求人票の年収は、24~30歳モデルで400~500万円程度ですので、調剤経験者であれば、30歳前後で年収500万円が狙えるということになります。

厚生労働省の「第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」によると、調剤薬局の薬剤師の平均年収は473万8925円です。

つまり、東京の日本調剤で働けば、調剤薬局の平均以上の年収を稼げるということになります。

 

東京の日本調剤は全体平均よりは安い可能性あり

日本調剤の公式ホームページでは、日本調剤の薬剤師の平均年収は558万円(平均年齢34.9歳)となっています。

このデータから、日本調剤で働いて35歳になれば、558万円前後を稼げるということがわかります。

 

ただ、東京の日本調剤で働く場合、この日本調剤の平均年収よりはやや低い可能性はあります。

なぜなら、東京は地域手当が安いからです。

日本調剤では地域手当として、配属地域に応じて2万~8万円が支給されますが、基本的に都市部は安く、地方・過疎地域だと高くなります。

東京の日本調剤の月収は、2万円の地域手当を含んで最低25万円以上となります。

 

東京の日本調剤で働くと、全国の日本調剤の薬剤師に比べて、地域手当は低くなり、日本調剤の平均年収よりは、やや年収が低くなる可能性が高いです。

 

東京の日本調剤の残業

東京の日本調剤の残業時間は、月平均10時間程度の残業の店舗もあれば、40時間程度の店舗もあります。

特に、面対応の店舗だと残業は多くなる傾向があります。

残業時間が月40時間に近づくとアラートが出たり、退勤処理をするとパソコンにログインできないなど、企業として残業対策に取り組み、時代の流れに合わせて「働き方改革」を進めています。

しかし、仕事の量が減っているわけではないので、残業せざるを得ないことは多く、さらに効率よく働くことがしきりに求められます。

 

東京の日本調剤の土日休み

東京の日本調剤は門前薬局も面対応の店舗も、日曜は休みのところが多いです。

ただ、土曜日は営業しているところが多いです。

東京にある日本調剤は総合病院門前の店舗でも、地域支援体制加算のために土曜日か日曜日のどちらかを開局しているところが多いため、土日どちらも休みということは難しいのが現実です。

 

東京の日本調剤の休日数

東京の日本調剤では、週休2日制+祝日+年末年始休暇で年間休日は120日以上(2019年度は125日)となります。

そのため、よほどの人手不足で休日出勤をしなければいけないという店舗に配属にならなければ、年間休日は120日以上を確保することができます

 

東京の日本調剤の総合門前の割合

日本調剤は門前店舗が多いことが特徴です。

日本調剤の公式ホームページによると、

  • 門前薬局:72%
  • ハイブリット型薬局(面対応):28%

となっています。

東京の日本調剤の総合病院の門前薬局は118店舗中37店舗(31%)とあまり多くありません。

ただ、それでも、他の大手調剤薬局に比べると、東京の大学病院など代表的な病院の門前には日本調剤の店舗はあることは多いです。

 

東京の日本調剤の立地

東京の日本調剤の店舗は、駅チカ率が88%と非常に高くなっています。

東京は日本一鉄道・地下鉄の交通網が発達しています。

そのため、病院やクリニックも駅から近いところが多いので、その門前薬局も自動的に駅チカになります。

また、日本調剤が面対応の店舗展開に力を入れ始めているという事情もあるでしょう。

東京の日本調剤で働けば、通勤のストレスは少なくて済む可能性が高いです。

 

東京の日本調剤の教育体制

日本調剤は教育体制が充実しています。

調剤経験がない薬剤師でも、安心して転職できる職場環境が整っています。

日本調剤の教育・研修制度には次のようなものがあります。

  • オーベン・ネーベン制(マンツーマン指導)
  • 15ステップアップ研修(e-Learning)
  • 大学病院実務研修
  • 認定薬剤師取得支援

これらはあくまでも研修の一部です。

調剤未経験の薬剤師でも丁寧に指導する体制が整っているため、調剤未経験者でも応募可能な求人の割合は、95%と非常に高くなっています。

 

東京の日本調剤の転勤事情

東京の日本調剤では、次の3つの勤務地コースを選べます。

  • 自宅通勤コース
  • エリア指定コース(都道府県単位で希望エリアを指定)
  • 全国勤務コース

転勤したくない人は、入社時に自宅通勤コースを選べば、引っ越しを伴う転勤はありません。

最初に希望した店舗からの異動はありますが、それでも自宅から通勤60分圏内での異動になります。

ただ、全国勤務コースの方が昇給・昇格のスピードが速く、夏・冬にそれぞれ特別ボーナスが貰えるなどのメリットはあります。

 

東京の日本調剤の住宅補助(手当)事情

自宅からの通勤が困難な場合、日本調剤では社宅として家賃の70%を会社が負担する社宅制度があります。

また、全国勤務コースでは家賃手当も支給されます。

 

ただ、東京の場合、自宅から通える人が多いため、上記のような住宅補助対象になるのは、ほんの一部のみになることが多いです。

 

東京の日本調剤の調剤業務・診療報酬へのこだわり

東京の日本調剤では、かかりつけ薬剤師の届け出を出している店舗が83%と非常に高いため、門前薬局が多いにも関わらず、調剤基本料1を算定しているところが多いです。

また、在宅にも力を入れています。

そのため、門前薬局の立地ながら、面対応の調剤薬局の機能=かかりつけ薬局の機能も有している店舗が多いです。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本調剤東京の日本調剤~調剤業務・診療報酬へのこだわり評価

東京の日本調剤に転職するなら薬剤師転職サイト

東京の日本調剤の薬剤師の年収とこだわり条件の評価と解説を見て、

「東京の私も日本調剤に転職したい!」

と思った人は多いと思います。

 

ただ、東京の日本調剤は100店舗以上もあり、それぞれ立地や店舗規模、残業時間、休みの取りやすさなどが違います。

そのため、東京の日本調剤に転職するなら、あなたの希望に合った店舗を探さなくてはいけませんし、残業時間や休みの取りやすさなどの細かい情報を詳しく調べておく必要があります。

それを手伝ってくれるのが薬剤師転職サイトです。

薬剤師転職サイトなら、転職コンサルタントが日本調剤の店舗ごとに細かい情報を調べて、あなたの希望に合った東京の日本調剤の求人を紹介してくれますよ。