エスシーグループの在宅訪問やかかりつけなど調剤業務の評価は?

エスシーグループの業務評価
3.5 / 5 評価
転職するメリット
  • かかりつけ薬剤師に積極的
  • 地域支援体制加算をしている店舗が多い
転職するデメリット
  • かかりつけ薬剤師を拒否できない
  • 土日や夜間の負担がある
こんな薬剤師におすすめ
  • 地域密着店舗で地域住民の健康を支えたい
  • かかりつけ薬剤師の業務に興味がある
調剤基本料14.3
かかりつけ薬剤師指導料4.6
在宅患者訪問薬剤管理指導料4.8
地域支援体制加算3.6
後発医薬品調剤体制加算30.4
東京調剤センターの在宅訪問やかかりつけなど調剤業務の評価は? 日本調剤日本調剤の在宅訪問やかかりつけなど調剤業務の評価は?
東京でエスシーグループの調剤業務こだわり
店舗外観 エスシーグループ
店舗数 52 店舗
届出店舗数 50 店舗
※届出数絞り込み 実際の届出数から記事本文の理由により絞り込んでいます
調基1 43 店舗 86 % 4.3 点
か薬 46 店舗 92 % 4.6 点
在薬 48 店舗 96 % 4.8 点
地支体 36 店舗 72 % 3.6 点
後発調3 4 店舗 8 % 0.4 点
出典 厚生労働省 届出受理医療機関名簿(薬局)東京より算出
薬剤師
薬剤師
東京のエスシーグループは在宅訪問をしている店舗は多いし、地域支援体制加算の店舗も多い。
ということは、地域に密着している店舗が多いってこと?やりがいがありそうだ
薬剤師
薬剤師
東京のエスシーグループは薬剤師のノルマはあるのかな?
調剤薬局に転職するなら、在宅訪問やかかりつけ薬剤師などの調剤業務を詳しく知っておくことは大切です。
東京のエスシーグループの在宅訪問業務やかかりつけ薬剤師などの調剤業務について、詳しく解説していきます
転職コンサルタント
転職コンサルタント

 

東京のエスシーグループの在宅訪問やかかりつけ薬剤師などの評価

東京のエスシーグループは、公式ホームページの掲載店舗数は52店舗ですが、厚生労働省の届出受理医療機関名簿(薬局)には50店舗しか掲載されていません。

 

これは、2020年5月にオープンした店舗があるため、厚生労働省のデータ集計に間に合わなかった店舗があるためです。

 

 

調剤基本料・かかりつけ薬剤師について

東京のエスシーグループでは、調剤基本料1を算定している店舗は43店舗、かかりつけ薬剤師がいる店舗は46店舗と多くなっています。

 

このデータから、東京のエスシーグループがかかりつけ薬剤師制度を積極的に推進していることがわかります。

 

これだけかかりつけ薬剤師がいる店舗が多いということは、エスシーグループに転職したら、かかりつけ薬剤師になることは、既定路線であると言っても良いでしょう。

 

 

在宅訪問・地域支援体制加算について

東京のエスシーグループは、在宅訪問をしている店舗は50店舗中48店舗ですので、ほぼすべての店舗で在宅訪問業務を行っています。

在宅支援薬局を作り、エスシーグループ全体で在宅訪問業務に力を入れていますので、在宅訪問業務に興味がある人にはおすすめです。

 

また、地域支援体制加算を算定している店舗も、50店舗中36店舗と多いです。

地域に密着した調剤薬局であり、地域住民の健康を支えるという調剤薬局ならではのやりがいを感じやすいでしょう。

 

エスシーグループの調剤薬局は、店舗名に「エスシーグループ」とついていません。

吸収合併前の店舗名をそのまま使っています。

これも、突然調剤薬局名を変えてしまうよりも、以前から親しまれていた薬局名を使ったほうが、地域住民に愛されやすく、地域密着型の店舗を作れるという理由があるからかもしれません。

 

ただ、地域支援体制を加算している薬局は、一定以上の薬局の開局(土日など)や24時間調剤・在宅対応体制の整備などが必要になりますので、現場で働く薬剤師はそれだけ負担が大きくなります。

 

 

後発医薬品調剤体制加算3について

東京のエスシーグループでは、後発医薬品調剤体制加算3を算定しているのは50店舗中4店舗と少ないです。

 

つまり、東京のエスシーグループはジェネリック医薬品の使用をそこまで積極的に推進していないということです。

ジェネリックの使用率という面では、現在のところ、現場の薬剤師には厳しいノルマを課していないようですが、ジェネリック使用率が40%以下になると減算措置がありますので、今後はノルマが厳しくなる可能性も捨てきれません。

 

 

東京のエスシーグループに転職するなら薬剤師転職サイトを使おう!

薬剤師
薬剤師
地域に貢献する仕事がしたいから、東京のエスシーグループに転職したい!

と思った薬剤師さんは、薬剤師転職サイトを使いましょう

 

薬剤師転職サイトを使えば、転職コンサルタントがノルマの詳細などを詳しく調べてくれます。

また、地域支援体制加算があるか、在宅訪問は訪問件数や施設訪問の有無なども調べてくれますので、転職後に、

薬剤師
薬剤師
ノルマが厳しすぎぃ!在宅訪問したかったのに、この店舗は在宅訪問してないじゃん・・・

というミスマッチを避けることができます。

 

また、転職する時には年収や待遇も大切ですよね。

東京のエスシーグループの年収や待遇については、こちらで詳しく説明しています。

エスシーグループエスシーグループに転職した薬剤師の年収はいくら?評価は?

 

転職コンサルタントは、残業時間や有給の取りやすさ等も店舗別に調べてくれますし、年収交渉もしてくれます。

 

東京のエスシーグループへの転職を考えている人は、薬剤師転職サイトを使えば、転職に成功しやすくなりますよ!