なの花薬局の在宅訪問やかかりつけなど調剤業務の評価は?

なの花薬局の業務評価
3.1 / 5 評価
転職するメリット
  • 全店舗で在宅訪問をやっているので、確実に在宅訪問に携われる
  • かかりつけ薬剤師制度に積極的である
転職するデメリット
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しくなる
  • ジェネリックの使用を患者さんにどんどん勧めなければいけない
こんな薬剤師におすすめ
  • 調剤薬局に転職したら、絶対に在宅訪問業務をしたい
  • 多少ノルマは厳しくてもかかりつけ薬剤師の仕事を頑張りたい
調剤基本料12.7
かかりつけ薬剤師指導料4.5
在宅患者訪問薬剤管理指導料5
地域支援体制加算2.1
後発医薬品調剤体制加算31.1
東京のなの花薬局の調剤業務こだわり
店舗外観 東京のなの花薬局
店舗数 31 店舗
届出店舗数 31 店舗
※届出数絞り込み 実際の届出数から記事本文の理由により絞り込んでいます
調基1 17 店舗 54 % 2.7 点
か薬 28 店舗 90 % 4.5 点
在薬 31 店舗 100 % 5 点
地支体 13 店舗 41 % 2.1 点
後発調3 7 店舗 22 % 1.1 点
出典 厚生労働省 届出受理医療機関名簿(薬局)東京より算出
薬剤師
薬剤師
東京のなの花薬局は、かかりつけ薬剤師は多いのに、調剤基本料1を算定している店舗は少ないんだな。なんでだろう?
薬剤師
薬剤師
東京のなの花薬局はノルマは厳しいのかな?
調剤薬局に転職する時には、在宅訪問の有無やかかりつけ薬剤師制度への姿勢、ノルマなど調剤業務の詳細を知っておくことは大切ですよね。
東京のなの花薬局の調剤業務の詳細を厚生労働省のデータを使って、詳しく説明していきます
転職コンサルタント
転職コンサルタント

 

東京のなの花薬局の在宅訪問やかかりつけ薬剤師などの評価

調剤基本料・かかりつけ薬剤師について

東京のなの花薬局では、かかりつけ薬剤師がいる店舗の割合は31店舗中28店舗(90%)と非常に高くなっています。

そのため、東京のなの花薬局はかかりつけ薬剤師の制度に積極的であると言えるでしょう。

 

次に、調剤基本料を見ていきましょう。

東京のなの花薬局で、調剤基本料1を算定できているのは、31店舗中17店舗(54.8%)とあまり多くありません。

 

調剤薬局にとって、調剤基本料1を算定するのは経営上非常に重要になります。

まずは、こちらをご覧ください。

 

<調剤基本料の点数>

  • 調剤基本料1:42点
  • 調剤基本料2:26点
  • 調剤基本料3(イ):21点
  • 調剤基本料3(ロ):16点
  • 特別調剤基本料:9点

 

なの花薬局は調剤基本料1を算定できなければ、調剤基本料3(ロ)になります。

調剤基本料1と調剤基本料3(ロ)では2.5倍以上も差が出ます。

 

では、調剤基本料1を算定するためにはどうすれば良いのか?

それは、患者さんにいろいろな医療機関の処方箋を持ってきて貰えば良いのです。

特定の医療機関の処方箋集中率を下げれば、調剤基本料1の算定要件を満たすことができます。

 

患者さんにいろいろな医療機関の処方箋を持ってきてもらうためには、かかりつけ薬剤師制度が有効です。

患者さんからかかりつけ薬剤師に指名してもらうと、門前の医療機関以外の処方箋を持ってきてもらえます。

 

だから、一般的にはかかりつけ薬剤師がいる店舗では、調剤基本料1を算定しやすいのです。

 

しかし、なの花薬局はかかりつけ薬剤師がいる店舗は多いのに、調剤基本料1を算定できている店舗は少ないです。

これは、なぜなのか?

かかりつけ薬剤師の数が少ないのかもしれません。

各店舗に1人しかかかりつけ薬剤師がいなかったら、特定の処方箋集中率は下がりにくいです。

 

調剤基本料1を算定することは、調剤薬局にとっては最重要課題とも言えるものです。

 

ここから考えると、なの花薬局はこれからもっとかかりつけ薬剤師制度に積極的になるし、かかりつけ薬剤師になることを強制される。

さらに、かかりつけ薬剤師の算定件数のノルマは厳しくなることが予想されます。

 

 

 

在宅訪問・地域支援体制加算について

東京のなの花薬局では、すべての店舗で在宅訪問業務を行っています

しかし、地域支援体制加算を算定している店舗はあまり多くありません。

 

というのも、地域支援体制加算は調剤基本料1を算定していないとかなり条件が厳しいです。

今後、かかりつけ薬剤師のノルマが厳しくなり、調剤基本料1を算定する店舗が増えれば、自然と地域支援体制加算を算定する店舗も増えるでしょう。

 

 

後発医薬品調剤体制加算3について

後発医薬品調剤体制加算3を算定している東京のたんぽぽ薬局は少ないです。

後発医薬品調剤体制加算3どころか、後発医薬品調剤体制加算1、2を算定できていない店舗もあります。

ジェネリック医薬品の使用率が40%以下になると、減算措置が取られます。

 

そのため、今後は東京のたんぽぽ薬局ではジェネリック医薬品の使用率を上げる必要があり、そのノルマを現場の薬剤師に課す可能性があります。

 

 

東京のなの花薬局に転職するなら薬剤師転職サイトを使おう!

薬剤師
薬剤師
ノルマは不安だけど、在宅訪問業務をやりたいし、かかりつけ薬剤師の仕事をしたいから、東京のなの花薬局に転職しよう!

と思った薬剤師さんは、薬剤師転職サイトを使いましょう

 

薬剤師転職サイトを使えば、転職後のミスマッチを最小限にすることができます。

 

なの花薬局は店舗によって在宅訪問件数が違いますし、調剤基本料1を既に算定できているかどうかで、ノルマへのプレッシャーも変わってくるでしょう。

だから、細かいことまできちんと調べてから、転職しなければいけないのです。

 

また、転職する時には年収やその他の待遇も重要ですよね。

東京のなの花薬局なの花薬局に転職した薬剤師の年収はいくら?評価は?

転職サイトを使えば、残業時間や休みの取りやすさなどもしっかり調べてくれます。

私たちが年収交渉もしますよ!
転職コンサルタント
転職コンサルタント

だから、転職サイトを使うと、東京のなの花薬局への転職を成功させることができるんです!

 

簡単に登録できますので、気軽に登録してみてください。